龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リネウス大学マンスリーレポート

リネウス大学

2019年3月号 経済学部 A.M

レポート作成経済学部 A.M

①余暇の過ごし方

今まで取ってきたクラスのほとんどは午前中から始まることがほとんどでした。午前中の授業が終わった後も午後からグループワークがあったり、予習・復習に追われていたので余暇と呼べるような時間があったかはわかりません。その中でも同じ寮の学生と一緒にご飯を食べながら話す時間は私の好きな時間の過ごし方でした。3月に取っていたクラスは午後から始まるクラスだったので、毎朝7時に起きて寮の近くの池の周りをランニングしてから朝食をとり、その後予習をして授業に行くという生活をしていました。私は早起きするのが好きなのでこの生活サイクルはとても私に合っています。最初はランニングも気が進みませんでしたが、徐々に習慣になってきて今月は24回走ることが出来ました。残りの2ヶ月もこの習慣を続けていきたいなと思います。最近やっと長く暗い冬が終わり、ベクショーにも春がやってきました。なので外で過ごす時間を増やしたいです。

②多様なライフスタイル

スウェーデンの生活の中で私が好きな点は食の選択肢が多いことです。スーパーマーケットやレストランは、ベジタリアン・ヴィーガン・ハラール・ラクトスフリー・グルテンフリーなど、様々なライフスタイルに対応した食品・料理があります。私が留学前に日本でアルバイトをしていたラーメン店は、通常のラーメンに加えてベジタリアン・ヴィーガン・ハラール・グルテンフリーのラーメンを提供していています。お客様から、「今まで宗教的な理由でラーメンを食べることが出来なかったから食べることができて嬉しい。ありがとう。」と言われた時に、食の多様性の需要を感じました。私は小麦アレルギーではありませんが、健康のためにできるだけグルテンを取らないように心がけています。ここ数年で訪日外国人は増加しており、日本でもベジタリアン生活やグルテンフリー生活に興味を持ち始める人が増えています。食の多様性は今の日本に必要不可欠だと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.