龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リネウス大学マンスリーレポート

リネウス大学

2018年4月号 国際学部 Y.Y

レポート作成国際学部 Y.Y

現地の学生、友人について

現地の学生と会う機会は比較的に少ないです。しかしバディプログラムや、フレンドファミリー、日本語授業への参加などを通すことで、現地の友人は作りやすいと思います。また、幾つかの講義では、現地学生と共同で講義を受けることもあるます。その為、グループワークやグループディスカッションで、現地学生と意見を交換することになります。その他にも、積極的にイベントやパーティーなどに参加すれば、現地の学生とも交流が図れます。現地学生と交流をして思うことは、殆どの学生がとても流暢に英語を話せるということです。英語が第一言語者の留学生がスウェーデン人の英語はなまりがないというのをよく耳にします。スウェーデンの実践することが多い外国語教育や、または映画、音楽などで英語に触れる機会の豊富さ、母国語と英語の関係の繋がりが強く影響していると思います。ただ、現地の学生を見ていると、多くの学生が自分に合った学習法を自分自身でしっかりと理解しているように感じます。その点でも、現地の学生は学び上手だと思います。実際に、現地の講義では、講義を受ける時間よりも、期待されている自己学習の方が長いです。その面では、多くの国とは異なり特徴的だといえます。また、日本人との類似点もあり、現地学生は控えめで、否定的なことを避けているように感じます。個人間のスペースも他人同士では、大きく距離をとったり、シャイな一面もあります。ただ、友人間では日本人よりも距離感は近く、挨拶はハグから始まることが多いです。現地の学生は、Fika(コーヒーブレイクのようにコーヒーや飲み物、シナモンバンズなどの軽食を交えてコミュニケーションするスウェーデンでは大切な休息)を頻繁に行います。友人関係を築くにはとても重要な時間だと思うので、積極的に参加するといいと思います。また、地元のアイスホッケーチームがスウェーデン国内でも1位に輝くなどとても強く、いたるところで地元のアイスホッケーチームを応援するステッカーが貼ってある店舗を見かけます。現地の学生は、アイスホッケーの勝敗にかなり敏感で、試合の翌日には、アイスホッケーの話題になることもしばしばです。バルガッタンと呼ばれる交換留学生が泊っている寮から自転車で15分ほどにアイスホッケーの試合場があり、何度か足を運んだことがあります。試合はかなり刺激的で、普段静かなスウェーデン人もかなり熱狂的に応援をします。もし機会があれば、ぜひ足を運んでみてください。現地学生のほかに、各国の交換留学生と出会う機会がたくさんあると思います。住んでいる寮が一緒であることや、講義で出会うこと、パーティーなどで出会うなどきっかけは様々ですが、リネウス大学では多くの交換留学生を各国から受け入れているため、多くの国の友人を作ることができると思います。私の暮らしているバルガッタンと呼ばれる寮には、9階までの階があり、それぞれの階、学期ごとに特色があります。今学期の私の階は、アメリカ人と日本人、韓国人、カナダ人、ドイツ人などで暮らしており、毎日食事や、勉強などを一緒にしています。バルガッタンは基本的にヨーロッパ出身者以外の交換留学生用で、ヨーロッパの留学生は、別のリアンと呼ばれる寮などに住むことがほとんどです。それぞれの寮に、それぞれ特徴があるので是非たくさんの友人を作りに、出かけてみてください。

 

三月Lapland trip

3月にVaxjo International students、通称VISと呼ばれる非営利学生団体が企画するLapland Tripへ参加しました。Laplandへの旅行はかなり人気で、殆ど毎学期ごと開催されチケットが売り切れることもしばしばあります。前学期はチケットが売り切れてしまったため行くことができませんでしたが、新学期になってVISのFacebookページから早めにチケットを購入したので、行くことができました。企画内容は、フィンランドのヘルシンキやサンタ村を経由して、Laplandと呼ばれる北欧の北側に位置するエリアへ行くことで、そこでのアクティビティは各自別々で別途購入するようになっていました。私が行ったのは、ハスキーの犬ぞりとアトランティックオーシャンでのサウナからの寒中水泳です。どれも、忘れることのできない貴重な思い出になったので、是非Laplandへの企画には参加することを個人的にお勧めします。Laplandへの旅行中には、オーロラも観察することができました。ただし、毎回見れるわけではないようです。実際に前学期のLapland Tripでは、オーロラは観測できず、ほとんどの期間が曇りだったそうです。ただ、オーロラ以外にも多くのアクティビティが用意されており、また満点の星空は圧巻でオーロラ無しでも行く価値はあると思います。VISの企画でより友人関係を深めるきっかけにもなると思います。ただし、講義の期間と被ってしまう可能性もあるので、計画的に参加してみてください。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.