龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リネウス大学マンスリーレポート

リネウス大学

2016年9月号 国際学部 M.I

レポート作成director

welcome dinner です。

寮の人たちとホームパティー

VISによるVaxjoのバスツアー(kronoberg castle)


①オリエンテーション

リネウス大学では留学生を対象に8月25日、26日の2日間に渡りオリエンテーションが行われました。10時頃から15時頃まで続き、お昼ご飯や飲み物、ペン、ノートが支給されたので特に持ち物は要らなかったです。場所はIKEAムールという教室で、名前の通りIKEAの会社が建てた教室で行われました。オリエンテーション開始時間直前にはVISの生徒が校内を誘導してくれたり、オリエンテーションに参加するたくさんの留学生が見えたので特に道に迷うこともありませんでした。VISとはVaxjo International Student というリネウス大学主催の留学生を対象とするイベント企画をする学生団体です。オリエンテーションの内容は、リネウス大学・Vaxjoがどのようなものか、スウェーデンでの基本的なルール、授業説明、緊急連絡先(警察や病院)、キャンパスライフ、施設の使い方(図書館やジム)、試験、Baddy・Friend Family プロジェクトについてなど、役に立つ情報ばかりでした。オリエンテーションの後もVISにより、キャンパス内にあるお城の近くでBBQが開催されました。そこでは、たくさんの留学生と仲良くなることができたのでとてもいい機会でした。また、オリエンテーションが終わり学校が始まるまでの数日間もshopping tripや校内のガイドツアー、フィカ・ゲーム、湖の周りの散歩、スウェーデンの有名な映画(SYMPHONY)の鑑賞、Vaxjoのバスツアーなど、たくさんの参加自由型のイベントが開催されており、世界中から来たたくさんの留学生と友達になれるチャンスなので参加することをお勧めします。

②寮について

寮は校内と校外に大きく分かれています。私の今住んでいる寮はキャンパス内にあるPGという寮で、徒歩およそ3分で学校に行けます。各フロアだいたい13部屋で構成されていて、各寮や各階により雰囲気が異なります。雰囲気だけではなく、寮もしくは階によりルールも異なります。なので、キッチン用品(コップ、スプーン、フォーク、炊飯器、フライパン、包丁など)を共有で使っているところもあれば、自分で買わないといけない場合もあります。キッチンのすぐ横はリビングルームがあり、私の寮の友達はみんな部屋に居るよりもリビングルームで話したり、ホラー映画を鑑賞したり、ご飯やおやつを食べます。部屋は一人暮らしするには十分な広さで、自分用のシャワーとトイレがあります。部屋にトイレットペーパーや布団、枕などはないのでスウェーデンに到着次第、購入しなければなりません。基本、自分で全て購入しなければなりません。また、Wi-Fiもないので、自分でルーターを買わなければなりません。スウェーデン到着後すぐにVISによるShopping trip でcity grossやmedia martに連れて行ってもらえるので、その時に購入できます。ルーターは一番安い物で1500円前後で購入することができました。


エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.