龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

リネウス大学マンスリーレポート

リネウス大学

2011年5月号 経営学部 K.U

レポート作成経営学部 U.K

・この1年を振り返って

この10ヵ月を振り返って、長かったような短かったような、そんな気分です。

着いた頃は、毎日が特別なことばっかりで、ただ外を歩くだけでもわくわくしました。私は今までに短期留学などもしたことがなく、これが初めての留学でした。なので、初めは本当にここにいる日本人が話す英語までも、全て私の勉強となりました。「ああ こういう言い回しをするのか」「ここでこれを使うのか」など何度思ったか分かりません。

でも、よくよく聞いてみると特に難しい単語を使っている訳ではないんです。簡単な単語、言い回しで話していると気付いた時は気持ちが楽になりました。当たり前のことを言ってしまってすみません。笑

あと、この大学は本当に留学生が多く、留学生向けのイベントもたくさん行われます。初めは週に1回くらいのペースで行われていた気がします。それが本当に良かったなと思います。

自分的にはいい意味で楽観的になった気がします。「なんとかなるだろう」と思うことが多くなった気がします。あまり難しく考えず、大丈夫だろうと思うことが増えました。いい傾向かどうかは分かりませんが。

日本で過ごす大学2回生というのもきっと、とても楽しかっただろうな、と思います。でも、それを捨ててここに来て、やっぱり特別な10ヵ月を過ごすことができました。当たり前ですが、日本にいてはこんな経験はできません。いろんなことがたくさん起こった10ヵ月でした。

 

・帰国後の予定

まずは、TOEICを受けるために勉強を始めます。私はこの秋、冬から就職活動をしなくてはならないので、そこでプラスになるようにTOEICはがんばるつもりです。

そして、ここに来て他の言語も勉強してみたくなりました。韓国語は日本と文法が同じで日本人には勉強しやすいと聞いたので、勉強してみたいなと思っています。韓国の友だちもできたので、話せるようになったら楽しいかなと思います。

あと、いつかイギリスかどこかに短期留学ができたらなと考えています。スウェーデンでは英語を学ぶ、ということはしてません。自分でなんとか話しています。なので、いつか英語圏の語学学校で発音の勉強などちゃんとしてみたいかな、と考えています。時間とお金があれば、ですが。笑

日本に帰国すれば英語を使う機会など滅多にないと思います。なので、龍谷大学に来る交換留学生などと交流できる機会があれば積極的に参加したいな、と思っています。

・Spring !!!

ここスウェーデンにも春がやってきました!4月の中旬頃から気温が上がりはじめ20℃に上がる日もあるくらいです。そんな日は外に人が溢れています。(たまに雪が降る日もありますが。)

芝生でバーベキューをする人、寝転ぶ人、本を読む人、パソコンをする人、、、「家ですればいいのに!」と突っ込みたくなるような光景ですが、スウェーデン人の喜び様が分かります。

街には湖がたくさんあるのですが、その周りを歩く人もいっぱいです。家族で散歩をしている姿もよく見ます。本当に良い気候になったなと感じます。

4月の終わりには街でお祭りがありました。おそらく春になったことを祝う祭りだったのだと思います。街で合唱を聞いたりしました。夜には木を重ねたものに火をつけてキャンプファイヤーのようなものをみんなで囲んだり、花火も打ち上げられました。街の住人のほとんどがいるのではないか、というくらいたくさんの人が集まりました。クリスマス前のルシア祭に並ぶスウェーデン人にとって大事な祭りなのかなと思いました。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.