龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2018年11月号 国際学部 S.K

レポート作成国際学部 S.K

カルチャーショックについて

フィンランド自体について、私は特にカルチャーショックを受けたことはありません。フィンランド人は日本人と性格が似ているように感じる時が多々あります。玄関では靴を脱ぐし、毎日シャワーを浴びるし、少しシャイですが打ち解けると本当に深い良い友情が生まれると感じています。

ただ、一つびっくりしたことは、歩いている人も自転車に乗っている人もみんな小さな反射板のようなキーホルダーをつけていたり、腕に巻いたりしています。これは人にというより、この寒さからくる習慣の違いだと思います。確かに、日照時間もどんどん短くなり、最高気温がマイナスになるのがここ最近の天気です。今週は珍しく晴れています。先週末の日曜日に2週間ぶりの太陽や夕日を見ました。やはり太陽が出ていないとどんなにポジティブな人も少しは心理的な影響があるようで、スーパーにはビタミンDのサプリが見つけやすいところに並んでいます。この時期は本当に鬱になる人が多くなってくる季節のようで、学校の先生にもビタミンを積極的に摂取するように勧められました。

私自身は数回目の留学であり、海外旅行にもよく行っているので、さほどどのようなナショナリティーの留学生の習慣の違いにもびっくりしなくはなりましたが、よく知らない人との共同生活(三人でフラットをシェアしています)は日々ストレスが溜まっているように自分でも感じます。会話に壁を感じることは少ないですが、フラットメイトたちの行動には疑問を持つことが多いです。これは国民性の問題も勿論ありますが、どちらかというと人間的な問題だと思います。私の性格上の問題もありますが。例えば私はいっぱいになったゴミ箱の袋を取り替えないまま、無理やり生ゴミを突っ込む行為は未だに大きなストレスの原因です。これは他のことも言えます。私の経験上と、留学先で出会った日本人の友人たちの経験からいうと、たいていの人は洗い物をそのままシンクに置いたままにし、翌日かその次の日に洗います。しかも洗っていると認定していい行為なのかわからないほど雑に流しています。そして、そのお皿をそのまま普通に使います。そして、余ったものはラップをせずにそのまま冷蔵庫に突っ込むパターンの人がほとんどです。

できるだけ気にしないように生活していますが、目を反らせないほど酷い時は多々あります。毎回は注意できないので、未だに2度ほどしか彼女たちには伝えていませんが、これは本当に日本では考えられないことだなと思います。バングラデッシュ人のフラットメイトは、毎日のようにカレーフレーバーの何かを作っているので、家中はカレーの匂いに包まれます。最近は日本からリセッシュを送ってもらいました。あると便利だと思います。私の住んでいるエリアにはたくさん留学生が住んでいますが、どこのビルディングにも台所には大きなドアがついているだけで、換気扇はありません。

ちなみに、フェンランドの卵は生では食べられません。必ず調理して食べる必要があります。これは一つのカルチャーショックで、生卵が好きな人は少し辛い生活になると思います。また日本とは逆で、土日は家族のための休息日とされているので、店は閉まっているか、お昼間に閉まります。冬になると18時で真っ暗になってしまうほどなので、たとえ開いていても行きたくなくなるとは思います。安心してください。店が閉まっていても開いていても特に変わりがないほどの店舗数の少なさです。

 

イベントについて

 

学生の街であるヨーエンスでは、学生のためのイベントがよく行われています。例えば先月末はハロウィンイベントで小さなシティが少し賑わっていました。私は仲のいいフィンランド、イタリア、韓国、日本人のグループで、大学主催のハロウィンイベントに参加しました。私たちのグループが一番コスプレに力を入れていたように感じましたが、いろいろな仮装を見れて面白かったです。街に2つ大きなバーがありますが、その場所もアフターパーティーで大変盛り上がっていました。本当に小さな街なので、バーの中で知り合いに会う確率はかなり高いです。

大学のイベントクラブのような組織は、定期的に旅行イベントを企画しています。デイトリップもあれば、何日間かかけてロシアや、ラップランドへの旅行に安価でいける企画も多くあります。その組織の年会費を払うと、それらの企画に無料または安く参加することができます。私は入っていませんが、自分たちで行くよりも安かったら、まずはそのグループに参加することをお勧めします。その知らせは大体がフェイスブックから発信されています。

夜になっても比較的に平和な街ですが、自分の行動に責任を持つことは大事です。何より英語が通じない時もあるので、そのことは常に頭に留めておく必要があると思います。犯罪からは程遠いですが、夜に変な人はいます。

今回はハロウィンパーティの写真と先週末の夕日の写真を添付したいと思います。夕日の写真は今は15時に陽が沈むので、15時半頃に撮ったものです。曇りや霧の日が多いですが、晴れると本当に綺麗な青空や、日本とは違った星空が見られます。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.