龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2017年5月号 社会学部 T.M

レポート作成社会学部 T.M

この留学を振り返って

この9ヶ月は毎日が非日常でとても刺激的な日々でした。その中でも一番大きかったのは多国籍の人と過ごす毎日の生活です。初めは慣れない英語での会話や文化の違いからコミュニケーションをとるのが難しかったですが、慣れてくるにつれて、自分や日本での友達とは違った考え方を持っている海外の学生たちと話すことの楽しさを感じるようになりました。大学での勉強も学ぶ点は多かったですが、友達との何気ない会話から学ぶものも非常に多かったです。フィンランドでできた友達全員がこの留学での一番の財産です。

また、私はフィンランドという国を選択して本当に良かったと感じています。フィンランドの教育はやはり日本とは大きく異なる点が多く、この国で教育学を専攻にしたことは教師になるならない関係なく非常に良い勉強になりました。また、フィンランドの大自然の中で過ごす毎日は日本での生活と異なり、ゆっくりと落ち着いていて、そんな風に過ごすフィンランド人もすごく良いなと思いました。

 

帰国後どう留学経験を活かす予定か

様々な異なった価値観を持つ人たちとの交流から、自分についてもう一度考え直すきっかけになりました。私は卒業が一年遅れるのですが、遅れてでもこのような経験ができたことは私の将来に良い影響を与えると思います。この留学でやはり人から学ぶこと、様々なタイプ人と関わることの大切さを痛感し、将来は多国籍な環境で働けるような仕事に就職したいと考えています。そのためには英語の勉強を続けることはもちろん、世界の出来事、また、日本についてももっと知らないといけないと感じました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.