龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2017年4月号 社会学部 T.M

レポート作成社会学部 T.M

現地の学生、友人について

授業は基本的に留学生向けになっているのでフィンランド人よりは他の国からの留学生と友達になることが多いです。留学生はヨーロッパからの学生が多いですがアフリカ、アジア、アメリカからと様々な国籍が集まっています。しかし、授業が英語で開講されているからといって留学生だけでなくフィンランド人も同じ授業を受けていることもあります。フィンランドで生活していても普段留学生と過ごすことが多くなるので、授業のグループワークなどチャンスがあれば積極的にフィンランド人に声をかけるようにしています。フィンランド人の多くは落ち着いていて、少し話しかけづらく感じることもありますが、一度仲良くなるとフレンドリーで人に対して親切で礼儀正しいです。留学生に関しては国により様々です。ヨーロッパやアフリカ出身の人たちと普段日本で会うことは少ないので、友達になりその国の文化を知ることは楽しく非常に大事なことだと思います。

 

季節

3月からフィンランドでは春と呼ばれますが、3月はまだ湖は凍って辺りも雪で白いという状態です。今年は4月にも雪の降る日が多かったですが、この頃から日照時間は長くなっており、4月の下旬で21時を過ぎても明るくなっています。枯れた落ち葉や、少し残る雪を見るとまだ冬が残っているように感じますが、晴れの日が増え、日照時間が長く、湖の氷が溶け、木の緑も増え、少しずつ春らしくなってきています。しかし、ほとんどの留学生の帰る5月ではまだ初夏よりは春になったばかりという印象だと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.