龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2016年5月号 国際文化学部 N.O

レポート作成国際文化学部 N.O

【この留学を振り返って】

9ヵ月間のフィンランドでの生活終えて、本当に“あっというま”だったと感じています。私にとってこの留学が、初めての長期にわたる海外生活であり、到着したばかりの頃は、戸惑いや失敗の連続でしたが、次第に生活にも慣れはじめ、友達も出来はじめ、いざフィンランドを離れる頃になると、名残惜しさを感じ、日本に帰国してからも寂しさを感じる日々が続きました。この約9ヵ月間の留学生活を振り返り、自分にとって多くの貴重な経験ができた喜びとともに、もちろん語学面における成長において後悔している部分もありますが、今後の自分の勉強の糧として自分の勉強、生活に繋げていくことができるので、悪いこととして捉えていません。そして、日本にいた時には、考えもしなかったことを、授業を受けていく中、そして様々な国の人々と交流する中で考えさせられ、新しい発見にも出会えました。自分の日本を中心に考える偏った視点から、多角的な視点で物事を考えるように変わり、また、そのような新しい発見だけでなく、日本の良さも改めて理解することができました。このフィンランドでの出会いや学びは、自分の勉強だけでなく、今後の自分の将来、また、自分の生活にも繋がり、自分にとって最も大きな経験となりました。

【帰国後どう留学経験を生かす予定か】

私は、留学中、何度も、現地の人々に助けられた場面がありました。それは友人に限らず、初めて会った人も含まれます。例えば、スーツケースが重くて一人でなかなか持ち運ぶことが出来なかったとき、現金でコインを持っておらずその場にいた人がコインを両替してくれたときなど、あらゆる場面で助けられました。彼らは協調性が高く、とても寛容に受け入れてくれていると感じました。私は、この経験から自分の日本での他国の人々に対する態度をもう一度考え、もっと寛容な態度で彼らに向き合おうと思います。

私は、現在4回生であり、この留学経験をもとにして、自分の研究そして、卒業論文を進めていくつもりです。また、自分の今後の進路を決める時期でもあるので、就職活動も本格的に始まり、自分にとって重要な時期となります。この留学を通して得た経験、知識などを、自分の言葉で表現しなければならない中で、このフィンランドでの約9ヵ月間の生活を端的に述べることに私は難しく感じています。就職活動をする中で、この経験は大学生活に限らず、私の今までの人生において貴重な経験であり、アピールすべき点でもあるので、社会に対してどのように役立てるのか考え、試行錯誤しながら取り組んでいきたいです。


エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.