龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2015年10月号 国際文化学部 R.K

レポート作成国際文化学部 R.K

<環境について>

大学施設ー大学内には、図書館やカフェなど勉強するにはとても良い環境が整っています。図書館には、様々な分野の多くの本が備えられているので、見つけたい本を見つけることが出来ます。また、日本の図書館と比べてもとても静かなので、勉強の場に適しています。カフェでは、コーヒーやココアなどの飲み物の他に、ケーキやチョコレートなどのデザートも買うことが出来ます。図書館とは違い、とても静かというわけではありませんが、落ち着いた雰囲気の中で勉強することが出来ます。

住居ー私は、リバーサイドという宿舎に住んでいて、学校からも中心街からも近く、とても便利な場所に位置しています。家賃もそんなに高くなく、近くにスーパーもあるので、生活に必要な物はすぐに手に入れることが出来ます。また、サウナや共有キッチンなどみんなが集まれる空間があるので、多くの留学生と話すことが出来ます。しかし、他の宿舎と比べ、部屋がとても狭く、暗いです。また、キッチンは自分の使った食器を洗わない人もいるので、きれいとは言えませんし、夜遅くまでパーティーを開いていて、うるさく感じることもあります。他の宿舎は、静かでも、学校と中心街から遠かったりするので、宿舎に関しては、どこかでは妥協しなければいけないと思います。

<ハロウィン>

自由テーマでは、フィンランドのハロウィンについて書きたいと思います。私は、ESNという学校の団体が主催するハロウィンパーティーに参加しました。日本では、ハロウィンは多くの人が盛り上がるイベントの一つですが、フィンランドでは、そんなに祝われていないような気がしました。日本では、ハロウィンの季節になると、多くの店の装飾がハロウィン仕様になり、ハロウィングッズはどこでも手に入れることが出来ます。しかし、フィンランドでは、ハロウィン仕様の装飾をしている店はほとんどありませんし、どこの店に行ってもハロウィンのコスチュームを手に入れることが出来ませんでした。学校の食堂でハロウィンのスイーツを売っていたくらいです。パーティーに参加していたのも、フィンランド人よりも留学生の方が多かったです。フィンランドでは、ハロウィンは街全体で盛り上がるイベントというよりは、一部の若者が盛り上がるイベントのようです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.