龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2014年5月号 国際文化学部 F.K

レポート作成国際文化学部 F.K

①この留学を振り返って

大学入学以前から目標にしていた交換留学でフィンランドに留学できたことで自分に自信がついたと思います。実際にフィンランドで暮らしたことで、日本で本を読んだり調べたりして身につけた知識と実際の生活を比較することができました。外国で約9か月間暮らすことは初めてだったので、留学前半は、英語を聞き取ることも話すことも難しく、日本に帰国したいと何度も思いました。しかし、そのたびに自分は何のために留学に来たのか、目的を思いだし頑張ろうと思い直しました。フィンランドでの生活に慣れてくると、周りのことも落ち着いてみることができるようになり、毎日を楽しむことができるようになりました。その中でも、周りの日本人学生の存在は大きかったと思います。英語だとどうしても表現しにくい自分の気持ちや悩みを聞いてくれる存在がいたのでとても助かりました。今回の留学を通して、新たなことに挑戦する楽しさ、自分を支えてくれる人の存在、自分が様々なものに固定観念を持っていたことに改めて気づきました。今回の留学は私にとって自分の考えを改めて見直す良い機会になったと思います。

 

②帰国後どう留学経験を活かす予定か

帰国後は、私が所属している委員会で今回の経験を活かしていきたいと思います。全てが同じというわけではありませんが、留学したことで、留学生がどのような事に不安を持っていて、興味を持っているのか少しは共通する部分があると思います。日本人学生だけでなく、留学生視点に立ったイベントも企画していきたいと考えています。また、私は留学中の旅行の際、通りすがりの方に道を尋ねて助けていただきました。その時の相手の笑顔がとても印象的で心が温かくなり、その国を訪れて良かったと思ったのを覚えています。この経験から、日本に旅行に来ている外国人に困っている人がいたら積極的に声をかけ助けようと思います。訪れた国の人の印象は、その時交流した人の印象で決まってしまうこともあると思います。その為、日本に来て良かったと思ってもらうために、日本を好きでいてもらうために少しでも良い印象を残してもらいたいのです。私が外国で受けた恩をこうして返していきたいと思います。 将来的な観点から言うと、私は英語教師になりたいと考えています。その際、子どもたちに私のフィンランドでの体験を話し、海外に興味・関心を持てるような授業を提供していきたいです。外国でどのような事で苦労し、どのような事が楽しかったか、伝えていきたいと思います。フィンランドの実際の授業を見学に行ったことも、将来の授業構成に活かしていこうと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.