龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2014年5月号 文学部 H.O 

レポート作成文学部 H.O

1.この留学を振り返って

昨年の8月末にフィンランドに渡り、約9ヶ月を経て帰国となりましたが、その日々は本当にあっという間でした。経験することすべてが自分にとっては初めてのことだらけで、その全てが思い出深いものばかりです。初めての海外、初めての英語による授業、初めての外国人の友達。戸惑うことも多く、改めて自分の弱さであったり、そういったときにどう立ち向かっていくのかなど自分を見つめなおす時間にもなったと思います。留学が決まり、よく人から尋ねられたのは「なんでフィンランドに留学するの?」という言葉でした。私は教職課程を履修しており、教育分野において成功を収めていると言われているフィンランドで、教育に関する授業を学ぶことが目的の一つでした。しかし、英語圏の大学に行きたかったというのも心の中にはあったので、渡航前には少し不安を感じることもありました。今フィンランドでの履修過程を終え、私の選択は間違いではなかったと言い切ることができます。それは、フィンランドの教育制度を学び、日本との違いを知ることができただけでなく、教育学部に所属する多くの学生たちの意見を聞くことができたからです。その中で私の日本の教育に対する考えというのも持つことが出来ましたし、教育に対して今までよりより深く関心を持つことができました。また多くの学生たちが英語を苦にせず話せる環境であったのも、私の成長につながったと思います。私たち日本人と同じように、母語ではない英語をスラスラと話す姿には、とても刺激を受けました。留学を通して、私にはまだまだ成長が必要だと痛感することができたことが一番の大きな収穫だったと思います。

2.帰国後どのように生かすか

日本では留学中と比べると、極端に英語を話す機会も聞く機会も失ってしまいます。身に着けた英語のスキルを落とさないようにするためにもこのことを自覚して、自分で時間を作り、英語を学習しなければならないなと思います。TOEICなどの試験に挑戦することももちろんですが、留学で得た経験というのを将来の職業に活かすことができるように、就職活動にも目を向けて、幅広く積極的に行動していきたいと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.