龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2014年5月号 国際文化学部 E.H

レポート作成国際文化学部 E.H

<この留学を振り返って> フィンランドに来て、英語をコミュニケーションのツールとして使えるようになることを意識してきました。私の周りにいるのはほとんど第二言語として英語を使っている人達ばかりですが、本当に良く喋ります。会話していて途中で噛み合わなくなったり、単語や発音を間違えたりなど気にせず自分の意見をしっかり述べる人が多いことに驚きました。ここに来て、そういった人達と出会い、話していくうちに間違える恥ずかしさを忘れ、自分の気持ちや考えをどんどん話していくことの大切さを思い知りました。話さなければ自分が何を考えているのか相手に伝わらないし、細かいことを一々気にしていてはなにも始まらないということに気が付きました。それから、今まで様々な国の人と知り合い、自分の価値観が大きく揺るがされることが多々ありました。例えば宗教観や政治観、時間やお金に対する価値観など、各国によって様々な見方があるのが面白かったです。これは日本にいては絶対に経験できなかったことだったと思うので、良い機会になりました。またフィンランド人の友達がたくさん出来、フィンランドの文化や習慣に親しむことができたのも大きな経験だったと思います。多くの人に助けてもらいこの留学を終えることができ、家族をはじめ多くの方に感謝しています。 <帰国後どのように生かすか> 僅かながら伸びた今の英語力を失わないよう帰国後は留学生や外国人との交流を深めるようなボランティアに参加したり、TOEICを受けたりしようと思っています。またこちらで出来た友人がこの夏頃から龍大を含め京都にある大学に留学してくるので、その子たちの手助けをしつつ英語を話す感覚を忘れないようにしていくつもりです。正直今は就職するのか、あるいは院に進むのかさえまだ決まっていないのですが、帰ってから留学を通して何が成長したのかを良く考えた上でどのような選択肢を選ぶべきか考えていきたいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.