龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2013年11月号 国際文化学部 F.K

レポート作成国際文化学部 F.K

治安、危険を感じたこと、トラブルについて

東フィンランド大学のあるヨエンスーは、小さな町で比較的安全なところだと思います。町を歩いていて、特にトラブルに巻き込まれたことは今のところありません。ただ、少し危険だなと思ったのは、交通関係です。大きい道路には、信号がありますが、たいていの道路には横断歩道のみで信号がありません。基本的には、車は歩行者や自転車が横断するのを止まって待ってくれますが、何度か自転車と車が衝突しそうになったのを見たことがあります。フィンランドの自転車は日本のものと異なるので(ブレーキの掛け方など)、こちらで自転車に乗る際は少し気を付けたほうがいいと思います。 トラブルについては、一度だけですがルームキーを部屋に置いたまま部屋の外に出てしまったことがありました。フィンランドの家は基本オートロックのようです。部屋を閉め出された際、学校に行く直前だったうえフラットメイトに助けを求めようとしましたが、不在だったので、とても焦りました。考えた末、向かいの家の人に助けを求めてJoensuu Elliに電話をかけてもらい、鍵を開けてもらいました。この際20€かかりました。

 

Japanese Evening について

先日、他大学の日本人留学生と何人かのフィンランド人と協力して日本に関するイベントを行いました。このイベントは、去年も企画、実施されたそうです。今年は、日本の文化である折り紙や射的、習字などを体験してもらったり、日本のカレーや寿司、みそ汁などの日本食を提供したりしました。この他にも、浴衣を着てソーラン節を踊ったり、Perfumeのダンスを披露したり、内容盛りだくさんでした。このイベントには、東フィンランド大学に来ている留学生だけでなく、地域に住んでいるフィンランド人の方も来てくれていました。参加者は100人を超えていたそうです。日本人学生同士の絆を深めるだけでなく、他の留学生とコミュニケーションをとる良いきっかけになったなと思います。また、日本について親しみを持ってくれた留学生や、日本のことをもっと知りたいと言ってくれた人もいて、準備は大変でしたが、イベントをして良かったと思いました。今、改めて思うのは、当たり前のことですが、何に対しても積極的に参加するハングリー精神が大切だということです。時間が過ぎるのは思っていたよりも早く、あっという間に三か月たってしまいました。残りの半年を、悔いの残らないよう、いろんなことに挑戦して充実した日々にしていきたいと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.