龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東フィンランド大学マンスリーレポート

東フィンランド大学

2012年9月号 国際文化学部 T.U

レポート作成国際文化学部 T.U

<オリエンテーションについて>

東フィンランド大学では9月3日(月)から9月5日(水)までの3日間にわたって留学生のためのオリエンテーションが行われました。このオリエンテーションでは、大学のシステムや設備、授業登録の方法、フィンランド語の授業の履修方法などだけではなく、医療サービスや寮についてなど生活に必要な情報や、フィンランドの歴史に至るまで様々なことに関する説明を受けました。Suomi QuizやQ&Aの時間も設けてあり、リラックスして楽しくフィンランド、ヨエンスーについて学ぶことが出来ました。また、9月6日、7日には図書館の利用方法に関する説明会が行われました。この説明会は、7日か6日のどちらか都合の良い日に参加すればよいというものでした。これらすべてのオリエンテーションに出席し、オリエンテーションの内容をまとめたレポート課題(Course Diary)を提出することで単位をもらうことが出来ます。また、オリエンテーションの初日にもらったPractical Guide for International Studentsという冊子には、ヨエンスーで学生生活を送るために必要な情報が多く載せられており、内容の詰まった濃い1冊になっているため、しっかりと読んでおく必要があると思いました。

 

<環境について>

私は大学から約5㎞離れた所にあるLatolankatu9という寮に住んでいます。私の住む寮は、3人でルームシェアをしており、キッチン、シャワールーム、トイレを3人でシェアして使っています。3人それぞれ家具付き(ベッド、机、いす、棚、クローゼット)の個室もあり、プライベートな時間も確保することができるため、落ち着いた生活を送ることが出来ています。大学から私の住む寮までは、自転車を使うと約30分、徒歩だと1時間以上かかってしまうため、自転車での通学が良いと思います。バスを使って、大学まで行くことも出来ますが、1時間に1本しか走っておらず、片道3.20ユーロと運賃が高いため、バスを使っての通学はあまりお勧めできません。大学から寮までは、川沿いの道をまっすぐに走り続けるため、風が強く、朝と夜はとても寒いため、手袋やマフラー、ニットの帽子が必要です。また、雨が降ることも多いため、自転車で通学する際にはレインコートがあるととても便利です。スーパーでは、ほとんど全ての商品がフィンランド語で表記されているために時々戸惑うこともあります。しかし、分からないことがあればお店の方に聞けば英語で優しく教えてくれるため、心配しなくても大丈夫です。私の住む寮の近くにあるスーパーの開店時間は、平日は午前7時から午後9時まで、土曜日は午前7時から午後6時まで、日曜日は正午から午後6時までになっています。日本のように24時間開いているコンビニも近くにはありません。また、日曜日は開いているお店がほとんど無く、様々なお店が集まる街の中心部(City Centre)もガランとしていて、さみしい雰囲気になります。しかし、周りには美しい自然が溢れていて、ゆったりとした気持ちで日々を過ごすことが出来ています。晴れた日は太陽の日差しが川面にキラキラと反射しているのを楽しみながら自転車で学校まで行くことができ、とても気持ちが良いです。

 

<自由テーマ>

私は今回、留学先であるヨエンスーに着いた当初のことについて述べたいと思います。私は8月27日に日本を発ち、ヘルシンキで1泊してから電車でヨエンスーへと向かいました。ヨエンスーに着いてからは、事前に連絡を取っていたチューターさんと駅で出会い、寮の会社へ手続きに行き、そこで鍵を受け取ってから寮へ向かい、寮の近くのスーパーで買い物をしました。寮には、前述したようにベッド、机、いす、棚といった家具はありましたが、ベッドカバーや掛布団、枕などは何も無く、その日は裸のマットレスの上で一晩寝ることになりました。私が着いたときにはすでに1人のルームメイトが住み始めていて、不安でいっぱいだった私に対して優しく声をかけてくれて、とても安心たのを覚えています。次の日からは、チューターさんと一緒にCity Centreでベッドカバーや枕、食器など生活するのに必要なものの買い物、銀行口座の開設、携帯購入、大学での手続きなど様々なことをしました。自転車のレンタルについてですが、私がチューターさんに教えてもらってレンタルサイクルショップに行った頃には、すでに多くの留学生が自転車を借りに来た後だったために貸し出すことのできる自転車が全く無い状態でした。しかし、レンタルサイクルショップで働いている方に尋ねると、数日後にまた貸出可能な自転車が新しく入ってくるということだったので、1週間ほど毎日レンタルサイクルショップへ通い続けて、なんとか自転車をレンタルすることが出来ました。私は9か月間のレンタルで62.50ユーロ支払いました。自転車はほとんどの留学生が利用しており、多くの留学生がレンタル自転車を利用するため、品切れになってしまう前に出来るだけ早く手に入れることをお勧めします。ヨエンスーに到着してからの数日間は慣れない生活と緊張とでかなり疲れましたが、買い物から大学での手続きまで様々なことを手伝ってくれたチューターさん、優しく声をかけて緊張を和らげてくれたルームメイトにはとても感謝しています。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.