龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

デュースブルグエッセン大学マンスリーレポート

デュースブルグエッセン大学

2018年4月号 文学部 S.U

レポート作成文学部 S.U

オリエンテーションについて

ドイツに到着後、大学からのオリエンテーションは特にありませんでした。しかしバディーが大学の手続きや生活環境の準備をサポートしてくれるため、特に困ることはありません。バディーは一人につき2~3人つき、日本に留学経験があり日本語を話せる人がほとんどなので、どのようなことでも気軽に相談できます。ビザの取得など重要な手続きをする際には、バディーにしっかり確認しながら進めることに気を付けました。

ドイツではパーティーやバーベキューなどイベントが多いので、バディーや他の留学生、同じ学生寮の学生達と親交を深める機会に恵まれていると思います。4月にはウェルカムパーティーが開催され、ヨーロッパ諸国やアジア、アフリカなど様々な国から来た留学生達と交流することが出来ました。仲良くなった人と一緒に料理を作ったり、授業の準備することで、語学力の向上につながると感じました。

デュースブルク・エッセン大学には他大学から来ている日本人留学生もいるので、寮での生活や履修する授業について詳しく聞くことが出来ました。

留学をするにあたり、慣れない環境から不安や問題を抱えてしまうこともあると思います。それを解消し、勉強と生活の両方で充実した留学生活を送るためにも、気の置けない仲間を見つけることが大切だと強く感じました。

 

ゼメスターチケットについて

デュースブルク・エッセン大学に留学するにあたり、半期に300ユーロほどの料金を大学に支払います。この支払により、ノルトライン・ヴェストファーレン州内の交通機関が乗り放題となる「ゼメスターチケット」を入手することが出来ます。バスやトラム、地下鉄が無料で利用できるのでとても便利です。デュッセルドルフやケルン、またオランダなどにも特定の地域まで利用することが可能です。

Kölner Dom

 

Pommes

Schokolade Museum

Tulpe Süßigkeiten

このチケットはデュースブルク・エッセン大学のアプリをダウンロードし、IDとパスワードを入力した後にQRコードとして所持します。ドイツの交通機関には改札が無く、たまにチケットの所持を係員がチェックするシステムです。その際にこのチケット(QRコード)を提示する必要があります。

しかし、ICEと呼ばれる特定の交通機関などゼメスターチケットが利用できない場合もあるので注意が必要です。チケットを所持していない場合、60ユーロの罰金を支払わなくてはいけません。

またこのチケットは、平日の19時以降と土日祝日以外なら、もう一人一緒に利用することが出来ます。活用できる範囲は少し狭くなりますが、友達との旅行などにとても役立つと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.