龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

デュースブルグエッセン大学マンスリーレポート

デュースブルグエッセン大学

2017年4月号 経済学部 M.K

レポート作成経済学部 M.K

オリエンテーション

オリエンテーションはありません。手続きに関することはBuddyと共に行います。ドイツの健康保険AOKに加入し、大学の外国人登録所で大学システムの説明と学生証をいただきました。学生証は食堂や寮での洗濯、公共交通機関を利用する際に必要になります。さらに学生登録を済ませることでDuisburg大学が位置するNordrhein-Westfalen内の交通機関はチケットを買わなくても利用することができます。大学に対してはひとセメスターあたり297.38を支払います。日本の大学と比べると学費の面でも通学による交通機関の利用費の面でもとても恵まれた環境にあります。さらに寮には多国籍な留学生に加えドイツ人学生も多数暮らしているので友人を作りやすく勉強になることも多く面白いです。四月はイースター休暇のために大学や町のお店も閉まることが多いので早めに渡航することで生活の準備を整えやすいのではないかと感じました。日本にいるうちにBuddyと必要書類の確認や渡航後の行動について話し合っておくべきだと思います。

生活

野菜や果物などの食品が安く入手できます。さらにBIOの表示があるものが多く健康と環境に対して国民も国家も配慮していることがうかがえます。環境に対する考え方が消費行動や街ゆく住居の在り方にも見て取ることができます。Duisburgの町はあまりきれいではないと多くのドイツ人の友人が口にしますが、私はとてもきれいな街並みだと感じます。なぜならよく整えられたDuisburgの街並みは人々の自然に対する愛着と社会に対する自立的な態度を私に感じさせるからです。ドイツの地域について興味深いところはそれぞれの地域が特色を持ち自治が確立されているところにあると思います。市民一人一人が地域について政策についてより良い社会を目指し考え行動しています。地域の多様性は国全体を豊かにするものなのではないでしょうか。ドイツの地域社会について学んでいきたいと思いました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.