龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

デュースブルグエッセン大学マンスリーレポート

デュースブルグエッセン大学

2014年3月号 文学部 M.M

レポート作成文学部 M.M

この一年を振り返って

まず、今回交換留学をできたことは本当によかったと思います。留学を通して得た様々な貴重な経験はこれからの私の人生の大きな糧になるものだと思っています。留学前は留学を通して、ドイツの文化や言葉、習慣、慣習について学んでいくことができるものだと思っていました。もちろん、1年間ドイツで生活したことによりドイツに対する造詣を深めることができましたが、今振り返るってみると、それ以上に日本の文化や言葉、歴史、習慣について、自分自身について考えさせられることが多かったように思います。日本にいた時は自分自身の自己形成において日本の文化というものが自分にどれだけ影響を与えているのか実感をする機会はあまりありませんでしたが、自分が外国人となって海外で生活する中では些細なことで自分が日本人であるということを強く意識させられました。人は異質なものと出会って初めて物事の本質を理解し得るのだと思います。海外に行くからこそ、今までの自分の日本での常識が非常識になりうることを体感し、日本人とは何であるのか、自分とは何かが見えてくるのだと思います。インターネットが簡単に利用できる現在では、海外とのコンタクトも容易で、世界中の様々な情報が簡単に手に入りますが、実際に海外で暮らすということは全く同じことではないということも強く感じました。そして、若い時にこのような経験ができるということはとても価値のあることだと思います。留学前は留学してしまうと4年で卒業できなくなってしまうことに不安を感じ、留学をしようか悩んでいる時期もありましたが、今は本当に留学できてよかったと感じています。

帰国後どう留学経験を活かす予定なのか

私は渡航前の準備として、ドイツ語の語学学校に通ったりしましたが、第2外国語として勉強を始めたドイツ語よりも小学校から勉強を始めている英語のほうが馴染み深く、日常生活は英語に頼っていました。そのため、自分でも驚くほど英語が上達しました。もちろん、引き続きドイツ語の勉強もしていきますが、英語もさらに磨きをかけていきたいと思います。今後は、英語の検定試験を何か受けて今の自分のレベルを知りたいと思います。また、英語やドイツ語を生かしていけるアルバイトも始めたいと思っています。この1年間で得られた経験はこの1年だけで終わらせるのではなく、長い目で自分の人生に生かしていけるものだと思います。留学で得られる経験は個々人で大きく違いがあると思いますが 、必ず何かしら自分を成長させてくれる体験ができるものだとわたしは思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.