龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

デュースブルグエッセン大学マンスリーレポート

デュースブルグエッセン大学

2012年6月号 文学部 H.A

レポート作成文学部 A.H

日本から持ってこれば良かったと思うもの

私の場合は靴です。日本でも少し小さめなので、ドイツでは普通に売っているサイズとして並んでいません。私のサイズがないのがあたりまえで、何日も靴屋を彷徨ってやっと靴とサンダルを一足ずつ買いました。紐靴はまだ調節がで きますが、紐やストラップのない靴は日本から持ってこれば良かったと思いました。 また、日本の食料品をトランクにたくさん詰めてくる必要 はありませんが、だしがあると便利です。ドイツで買うと高くて少ないので、日本料理をこちらで作りたいのなら必要だと思います。それと、こちらでは日本のようなすりおろし器が見当たらず、とても荒いです。毎回薬味をみじん切りにするのは手間です。

持っ てこなければならなかったものは、保険のドイツ語での証明書です。英語で書いているところを見せても、ドイツ語ではないからと断られビザが作れません。ドイツ語の証明書は日本の住所にしか送ってもらえないので、私たちは実家からドイツに転送してもらいました。少し時間がかかるので、やはり日本でできることはやっておくべきです。担当の人によってドイツ語での証明書でも渋られたりしますが(ドイツの保険に入れと言われます)断られるのは当たり前と思い、しつこく何度でも交渉してみる気概で臨むといいと思います。もしドイツの保険に入ることになれば8万近く余分に払わなければならなくなります。

薬はこちらでも買えますが、薬局で棚から出してもらわないと買えません。それなりに緊張するし不安になるので使うかもしれないものはいくつかもってくるといいと思います。薬を買わなくてもハーブティーならどこでも買えます。私はドイツに来てから花粉症で、気休めのつもりで試しましたが想像以上に効いています。


現地での学生、友人について

留学生と知り合う機会がおおいので、やはりドイツ人よりもそれ以外の国から来ている友人の方が多いです。私は語学学校に通っているので、中国人やスイス人(フランス語が母国語)の友達ができました。中国料理をご馳走になったり、学校の後は一緒にスーパーで買い物をしたりします。中国人の友人は私の誕生日の時、チーズタルトと麺料理を作ってくれました。中国では誕生日には長生きするようにとの願掛けで麺を食べるそうです。アジアスーパーの場所を教えてくれたり、休み時間にお菓子やフルーツをくれたりと、とても親切です。

また、私は最初の頃しか行っていませんでしたが、留学生交流のイベントがあります。エラスムスの人を対象にしているイメージがあり、定員が決められているイベントは彼らが優先されてしまうような気がします。けれど、イベントを主催している方たちはすごく親切でいい人です。月に一回ほどバーでパーティがあり、他にもアムステルダムへの旅行や動物園など様々なイベントを催しています。

最近知り合った友人はLeipzigのユースホステルで同じ部屋になった、日本語を勉強しているドイツ人です。友人というには年上ですが、丁寧でとても親切です。ユースホステルは共有部分が多く着替えなどが大変ですが、安いし、思いがけない出会いがあるのでお勧めです。


DuisburgとEssen

留学の際エッセンとデュースのどちらかを選ぶことになります。なので、二つの都市について書こうと思います。

まずEssenの特徴としては中国人が多いことです。どちらの都市も移民は多いですが、エッセンでは中国人の割合が高く、外国人局でも中国人専用の部屋があります。またショッピングセンターが充実していて便利なかわりに、ドイツらしい古い町並みは全く期待できません(郊外に足を延ばせば別ですが)。大学の建物も龍谷のほうがずっと重厚感がある見た目だと思います。ビザの手続きについては、ネットに書いてあるだいたい普通の手続きで済みますみ、その点ではとてもありがたい街です。

Duisburgはアジア研究科があります。ですから、初めはそちらに住めばよかったと少し後悔しました。しかし、友人から聞く限りDuisburgでは生活するうえでの不都合がかなりあるようです。一番困難なのがビザの手続きです。今年私の友達が行った手続きはEssenよりもはるかに複雑でした。住民登録がいい加減でビザと一緒にやると言い出したり、担当が病欠で無理だから帰れと言われたり、予約して行ったのにやっぱりメールでやり取りしようと言われ返されたり、役人が非常に気まぐれです。さらにドイツ語ができないなら帰れと言います。他の街では必要ないはずの書類が必要になり、とてもややこしいです。

アジア人が少ないことも生活が大変な要因です。Essenでは中国人が多いので、それに紛れて差別を受けたりすることはありませんが、Duisburgではひどい扱いを受けることがあります。私はからかい口調で声をかけられたりしました。また、Duisburgには駅にスーパーがないので不便です。

町並みはDuisburgの方が綺麗だと思うのですが、治安・ビザ・買い物の面でEssenは住みやすい街だと思います。Duisburgの駅前の寮(Kammer)以外は友人曰く危ないそうです。Kammerも周辺の森がいかがわしい評判があります。どちらの町に住むのかは好きな方を自由に選べばいいと思いますが、私はEssenをお勧めします。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.