龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

オックスフォード・ブルックス大学マンスリーレポート

オックスフォード・ブルックス大学

2018年12月号 経営学部 X.L

レポート作成経営学研究科 X.L

治安、危険を感じたこと、トラブルについて

オックスフォードに来て、3ヶ月がたちました。治安に関しては危険を感じたことは特にありませんが、一人で夜中に出かけることはおすすめしません。ロンドンとは違い、夜になると静かな街になります。9時を過ぎるとCity Centre のお店やレストランはほとんど閉店し、街にはホームレスの人をよく見かけます。この前、友達の女の子と一緒にバスを待っている間に、背の高いホームレスの人に話かけられました。「晩ご飯をまだ食べてない俺に、お金をすこしくれないか?」と言いながら近づいて来ました。周りに人があまりいなくて怖かったので、1ポンドをあげました。その人はすこし不満な顔をしていましたが、「サンキュー」を言いながら去っていきました。もし夜遅くまで外にいる場合には、Pick me upや001(UBERのようなアプリ)でタクシーを呼んだほうが安心だと思います。

イギリスやヨーロッパの友達はけっこうお酒が好きで、ホームパーティーをしてからPubに行くのが、一般的な週末の過ごし方です(笑)。アジア系の友達同士は、大体一緒にご飯を作ったりカフェをめぐったりします。たまにキッチンで賑わったりします。

私のルームメイトは優しいから、トラブルはほとんどありません。他のフラットに住んでいるある友達は、よくトラブルにあい、困っていて大変そうです。冷蔵庫の食品を勝手に食べられたり、チョコレートやデザートを盗まれたりするという事件はよくありました(笑)。何を言おうとも、自分自身の安全管理や財産管理は大事ですね。

 

クリスマスの過ごし方

12月に入ってから徐々に寒くなってきました。冬休みに入ると、イギリスやヨーロッパの友達はほとんど帰省したので、大学のキャンパスや学生寮は静かになってきました。クリスマスは日本のお正月のような祝日であり、家族や友達とゆっくり過ごすのが一般的です。25日にはお店が全部閉店し、バスやタクシーも動いていませんでした。

私はイギリス人の友達のクリスマスディナーに誘ってもらったので、参加しました。クリスマスの日には、Secret Santaというプレゼント交換のゲームがあります。私はプレゼントとクリスマスカードを用意しました。そのイギリス人の家族と友人はとても親切で、美味しい料理をいっぱい作ってくれました。リビングルームのクリスマスツリーやストーブ、キャンドルのような飾り物は可愛くてきれいでした。また、クリスマスの日に定番のQueen’s Speechを一緒に聞きました。初対面の人が多かったのですが、皆は昔ながらの友人のように、自分の思い出やストーリを話しました。

次の日はBoxing Day。つまり、ショッピングの日です。ブランド品だけではなく、ほとんどのお店が割引をしています。日本のお正月のセールのように、通常より安くなっています。20%オフや50%オフがあり、一ヶ月ほどんど買い物していなかった私は、ガンガン買っちゃいました(もちろん予算以内です笑)。

時間が立つのは早いです。あっという間にこの学期は終わりました。ホームシックは時々ありますが、留学生活の楽しさにより、それほどではありません。もし両親や日本の友達に会いたかったら、テレビ電話をしましょう。

Christmas night in London
Christmas dinner with friends
Christmas market in Bristol

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.