龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

バルセロナ自治大学マンスリーレポート

バルセロナ自治大学

2014年5月号 国際文化学部 T.W

レポート作成国際文化学部 T.W

試験について

試験は各学期の最後に行われます。授業によっては、中間試験のある授業もあります。私は単位変換が必要だったため、他の留学生と比べ比較的多めに授業をとりました。バルセロナ自治大学では多くの授業がカタラン語で開講されます。もちろんスペイン語の授業もありますが、単位を日本にいるときと同じようにとろうと思うと、カタラン語の授業にも参加しないといけません。貴重なバルセロナでの時間を無駄にしないためにも、出発前にしっかり単位について考えるべきです。試験は私にとってほとんどのものが難しかったですが、先生によっては再テストを行っていただける場合もあります。しっかり確認しましょう。

 

帰国に関して

だいたい六月半ばまでには、ほとんどの授業が終了します。その後すぐに帰国する学生もいれば、ビザの期限まで旅行して帰る人もいます。帰国の便に関してですが、片道航空券で入国する人と往復チケットを日本で購入してくる人がいます。大学生協などでも申し込みできるようですが、私は片道航空券だけを、格安航空券検索サイトで調べ購入し渡航しました。日本で往復購入して来た学生と比べて私の場合は数万円安かったです。一概には言えませんが、帰国前に旅行をすることになったときなどのことを考えて、私は帰りの航空券は現地で買うことをお勧めします。往復航空券を買って来た学生が、帰りの便の変更でトラブルに会っている人を多く見ました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.