龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

バルセロナ自治大学マンスリーレポート

バルセロナ自治大学

2013年2月号 法学部 N.O 

レポート作成法学部 N.O

授業紹介2

後期に入り、私は前期に引き続き学部のカステジャーノの授業を受講しています。しかし、前期に引き続き、学部の授業の多くはカタラン語で行われ、まだカステジャーノも満足に使いこなせない状況でカタラン語の授業を受講するのは負担が大きいため、学部の授業はひとつだけにしました。その代わり前期同様、語学学校に行くことを決め、今回は大学内の語学学校ではなく、バルセロナ市内の語学学校に通うことにしました。大学内の語学学校はヨーロッパ圏の留学生、エラスムスには料金が比較的低いのですが、それ以外の留学生には少々高くなっていたので、今回は自分でバルセロナ市内の語学学校について調べ、通うことにしました。今はまだ授業は始まっていませんが、自習する時間がとてもたくさんあるので、図書館に通って自分の語学力が落ちないように勉強しています。また、レベルが合えば英語も語学学校で学んでみたいと思っています。

 

余暇の過ごし方

平日は授業が終わり、自習も終わったあと、私はよくDVDを見て過ごすようになりました。スペインはDVDが非常に安く手に入るので、スペイン語のリスニングを鍛える上で非常に役立っています。また、スペイン語で字幕を付けることもできるので、多少聞き取れなくても字幕を見て理解することができるので、DVDはスペイン語の練習に役立っています。UABでは、金曜日に授業が開講されていない事が多く、基本的に三連休が取れます。平日はたくさんの授業をとっている学生が多いので、その反動で休日は各部屋友人同士で集まり、クラブ音楽を流しながらお酒を飲んだり、踊ったりして、非常に賑やかな休日になっています。私の部屋も同様に、毎週金曜日はルームメイトの友人が集まってフィエスタが行われています。その後0時を回った頃にみんなでディスコテカに行くのがスペインでの休日の定番なようです。

 

自由テーマ

二月の終わり頃、日本では後期の授業もテストも終わり、友人たちがスペインに旅行に来ました。もちろん彼らはスペイン語は全くわからないし、英語も自信がないようで、スペイン旅行中の通訳と観光案内を任されました。昔からの友人と久しぶりに会えるのは非常に嬉しいことでしたが、これまでスペイン語で旅行をしたこともないし、普段は自分以外にもスペイン語を話せる人がいたので、困ってもなんとかなりましたが、この友人との旅行は自分がしっかりしないと全員を困らせることになるので、非常に責任を感じていました。しかし、自分の心配は的を外れ、友人たちを無事に案内することができ、現地で知り合った人とも普通に会話をすることができました。これまで、机の上の勉強や、見知った人との会話ばかりで、全く私のことを知らない人に本当に自分のスペイン語が通用するのか漠然と不安に思っていましたが、この旅行で自信が湧き、今後もスペイン語の学習をもっとたくさん続けようと思えました。毎日スペイン語ばかりなので、正直なところ、学習がマンネリ化してきていた部分もあったのですが、彼らの旅行に同行したことで、気分がリフレッシュでき、スペイン語に対する意欲も増しました。たまには授業や机の上の勉強ばかりではなく、力試しに旅行に出かけるのも悪くないなと思いました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.