龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

バルセロナ自治大学マンスリーレポート

バルセロナ自治大学

2013年12月号 経済学部 W.X

レポート作成経済学部 W.X

授業紹介

龍谷大学からの交換生はUABの通訳・翻訳学部に所属されます。しかし、ほかの学部の授業を登録することが可能です。私は自分学部のcastellano、日本語と他学部の英語の授業を取りました。全部言語の授業です。

Castellanoの授業を登録するために事前試験があります。クラスをレベルごとに分けるためです。試験を受けなかったら、この授業を登録できません。とてもいい授業ですから、お知らせ時間通りに試験を受けに行くのは大事です。

日本語は三回生の授業です。先生は日本人です。ほぼ日本語で行われています。スペイン人と一緒に日本語を勉強するのはとても楽しいです。みんな日本語と日本のことが大好きです。日本へ交換留学しに行きたいと思っている学生が多いです。N3、4レベルの内容です。

他学部の英語で英語を教える授業を選択しました。UABの授業はカタルニヤ語とスペイン語で行うのが多いです。この二つ言葉が分からなかった ら、選択肢がずいぶん少なくなります。この授業もクラス分け試験がありました。自分が取った点数によってグループに入ってもらいます。内容は大学英語単 語、文法、作文、読解などです。教科書はありません。先生が選んだ材料のプリントがあります。いくつのテーマです。今年は移民、教育、同性婚姻、犯罪、家 族などです。授業中ディスカッションが多いです。いい授業だと思います。

 

試験について

12月19にクリスマス休みに入りました。Castellanoの試験は1月13日です。試験内容はまだわかりません。今まで学んだ単語と文法 をしっかりやっとけば、心配がないと思います。小テストが2回をありました。一回成績評価される宿題があって、休み前にメールで提出しました。

日本語の授業は期末試験がありません。その代わりに、毎週に小テストがあります。1月にまた授業があります。

英語は休み前に最後の授業でテストを終わりました。内容は勉強したものです。その前、プレゼンテーションがありました。3から4人まで自由にグループを作り、テーマを選び、パワーポイントを作って発表しました。1月にもう授業がありません。次は来学期です。

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.