龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

バルセロナ自治大学マンスリーレポート

バルセロナ自治大学

2011年9月号 国際文化学部 U.Y

レポート作成国際文化学部 Y.U

・オリエンテーションについて

まず、寮に関するオリエンテーションは9月5日ごろから10日ごろにかけて、毎晩同じ内容のものが行われました。その内容は主に寮やその周辺施設の使用に関することと、語学学校に関するものです。そのオリエンテーションは英語でも行われていたので、スペイン語だけのものより理解しやすかったと思います。

次に、履修登録に関するオリエンテーションは今年は9月23日に行われました。主な内容は履修登録をする際の注意点やその方法の説明です。ただ、スペイン語のみで行われるのであまり理解はできませんでした。サポートをしに来てくれた日本語を話せるスペイン人学生に何度も質問し、それでようやく理解できました。

また、学部によるオリエンテーションではありませんが、日本人留学生だけが集まり、顔合わせを兼ねたオリエンテーションも行われました。それはUABで日本語を教えておられる日本人の先生によって行われたものです。そこでは1年間の簡単なスケジュール確認や、日本人留学生用の連絡網を作成する担当決めが行われました。最初のうちは数多くの手続きがあり大変なので、日本人同士のネットワークを作っておくことは非常に重要です。なのでこのオリンテーションはとてもいい機会であったと思います。

 

・環境について

私は大学の寮(Vila Universitaria)の4人部屋に住んでいるのですが、寮について不満に感じるところは特にありません。しかし最初は驚くことがいくつかありました。まず、ベッドに掛け布団がありませんでした。まだ寒くはないので私は買っていませんが、掛け布団なしで寝れない人はすぐに買っていました。次に、日本と比べると夜遅くなっても賑やかです。夜12時を過ぎても笑い声やボールをつく音が聞こえてくることがしばしばあります。週末になるとさらに賑やかさは増しますが、「そんなものだ」と思っているので気にはなりません。また、お風呂がシャワーだけの生活にもいつの間にか慣れています。

次に、寮や大学内の施設は充実していると思います。寮の敷地内にはコインランドリー(洗濯3ユーロ、乾燥10分1ユーロ)やちょっとしたスーパーマーケット、雑貨屋、バル(レストランと居酒屋を合わせたようなもの)、プール、バスケットゴール、ビーチバレー場やフットサル場、卓球台など多くのものがあります。特にバルはバルセロナの試合があるとスポーツバーのようになるので非常に楽しい場所です。また、大学の敷地内にはSAFというスポーツ施設があり、月15ユーロほどで利用できます。登録するには銀行口座番号と電話番号、寮の証明書、パスポートが必要でした。SAFにはトレーニングルームだけでなく、テニス場やプール、エクササイズ用の部屋などがあり、多くの人が訪れます。私はトレーニングルームを使っているのですが、人が多くて利用するのはなかなか大変です。

 

・到着後の流れについて

まずバルセロナ空港から寮に行くためには、空港からバス(2.5ユーロ)に乗りプラサ・カタルーニャ(Pl.Catalunya)まで行きます。そこからFGC(地下鉄の種類)のS2(路線の種類)のサバデル(Sabadell)行きに乗ってBellaterraで降り、Bellaterraを出て15分ほど歩くと寮に着きます。しかしあらかじめ寮に連絡を取っておくと空港までタクシーで迎えに来てもらえるようです。

寮に着いたらすぐにオフィスに行き登録をします。その際に必要なのはパスポートだけですが、寮からの登録完了メールをコピーしておくとさらにスムーズに進みます。そのときに1週間以内にスペインの銀行口座を作って口座番号を教えてほしいと言われます。

スペインで銀行口座を作るなら大学内の銀行(Catalunya Caixa)が最も楽で早いです。必要なものはパスポートと証明写真だけでした。しかし銀行はとても混むので、朝8時半ごろに行ってさっさと済ませてしまうのが一番いいと思います。ちなみに銀行口座はその日のうちにもらえますが、カードは1週間以上かかります。

次にその銀行近くのIWP(国際部)に行き、留学生用の学生証を作るための手順の説明受け、書類をもらいます。そのときに必要なのはパスポートのみでした。

その学生証を作るために居住証明書が必要なので市役所(寮の最寄のバス停からA3のバスに乗って市役所に行くことができます)に行くことになります。その際にパスポートと寮との契約書(寮に登録した日にメールで送られてくる)が必要になりますが、寮の契約書にスタンプを押してもらわないといけないので注意しましょう。

居住証明書を手に入れ、他の書類も揃えたら市役所から徒歩15分ほどの警察署に向かうことになります。しかしその警察署は1日に15人ほどしか受け付けてないので、朝7:30ごろの始発のバスに乗り、開館前に並んでおく必要があります。ちなみに私は13番目でしたが、5時間待ってようやく受付が完了しました。5時間も待って承認されない人もいたので、書類は正確に揃えておく必要があります。

以上が主な手続きの流れです。在留届はインターネットで簡単に出せるので時間があるときに済ませておくといいと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.