龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

オーフス大学マンスリーレポート

オーフス大学

2013年4月号 文学部 S.K

レポート作成文学部 S.K

[この一年を振り返って]

この一年は本当に驚くほどあっという間でした。デンマークに到着したのが本当につい最近のことのように感じます。あっという間でしたが、振り返ってみるといいことも悪いことも含めて本当に留学してよかったと思います。留学しなければ出会えなかったたくさんの人に出会えたり、旅行を通していろんな国を訪れたりと貴重な経験をすることが出来ました。それに加えてトラブルもたくさんありました。特にビザや授業登録に関しては本当に大変でした。トラブルを解決する過程で、上手く英語で言いたいこと伝えることができないもどかしさを何度も感じたりもしました。その度に周りの人に助けてもらい、周りの人のおかげで私は留学させてもらっているのだなと強く感じました。

私はオーフス大学に留学して本当によかったと思います。なぜなら授業のレベルがとても高いからです。授業の内容のレベルが高いのはもちろん、なにより生徒の勉強意欲の高さにはとても驚かされました。ディベートや先生からの質問にみんなが積極的に発言するのが当たり前で、私が日本で受けてきた授業との違いに驚きました。私は初めの半年に至っては先生の話すことさえも満足に理解できないようなレベルでしたが、ハイレベルな授業を受けれたことは私にとってとてもいい刺激になりました。

それに加えて遊ぶことも私の留学生活においてとても大事なことだったと思います。ただ授業に出るだけでは友達はなかなか増えないし、留学生活を充実させるためには自分からどんどん外に出かけることが大切だと一年を振り返って改めて思います。特に私は住んでいるところが学生寮やシェアハウスではなく、家にいるだけでは英語を話す機会があまり得られなかったので毎週末ほぼ必ずフライデーバーやなにかのイベントに参加しました。そのおかげで友達もたくさん増えて、留学生活がとても楽しいものになりました。

この留学を通して一番成長したと思う点は、より行動的になれたところです。時間が限られていた分、やりたいと思ったことはすぐに実行する癖がつきました。ですが英語の上達に関してはまだまだ留学前に自分が想像していた理想には全然及びません。留学前は一年も留学すれば自然と話せるようになるだろうと軽く考えていましたが、当たり前ですが使わないと伸びません。リスニングに関しては以前と比べて伸びた実感はありますがスピーキングはまだまだなので、まだ帰国まで時間があるので、残りの時間を精一杯利用してスピーキング力向上に心がけようと思います。

 

[帰国後どう留学経験を生かす予定なのか]

帰国後はすぐに就職活動をするわけでもなく授業が始まるまでにも少し時間に余裕があるので、留学を通して語学力がどれだけ伸びたのかをはかるためにTOEICやIELTSなどのテストを受けようと思います。またデンマークのおしゃれなデザインにたくさん触れたことで、インテリアに興味がわいたので、インテリアコーディネーターの資格も取ろうと思っています。冬から始まる就職活動の資金を溜めるために帰国後すぐにアルバイトを始めようと思っているのですが、英語は使わないとどんどん衰えてしまうと思うので、英語を話す機会がたくさんあるようなアルバイトをしようと思います。それに加えて日常生活でも英語の学習は継続していこうと思います。

就職活動についてはもともと留学前から就職したいと思っている企業があるので、その企業についてより詳しく研究するとともに、今はまだ企業や業種など知らないことばかりで調べていくうちに興味がわいてくることもあると思うので、幅広い企業や業種を研究していこうと思います。また帰国後はちょうどオーフス大学の日本語学科の生徒が日本に留学しに来ているので、彼らと再会して大阪や京都を案内してあげたりして、留学後も交流を続けようと思います。

 

[Copenhagen Sakura Festival]

私は先週の日曜日に友人と桜祭りに行ってきました。桜祭りとは2007年からコペンハーゲンで毎年開催されているお祭りで、桜が咲いた公園が会場となり日本の文化が紹介されたり日本の食べ物の屋台が出たりする大規模なお祭りです。今年は4/27,28の二日に開催されました。毎年そのお祭りのころには桜が咲いているそうなのですが、今年は冬が長かったので残念ながら桜はまだ咲いておらずつぼみの状態でした。

会場に着くとコスプレをしているデンマーク人がとても多かったです。みんな日本のアニメやゲームのキャラクターのコスプレを着ていて、中には日本でもそこまで有名でないキャラクターのコスプレをしている人もいて、アニメやゲームの文化がそんなにも広まっていることにとても驚きました。しかもほとんどのコスプレは手作りだそうです。屋台ではすもうや生け花、茶道に和太鼓など様々な日本文化が紹介されていて、デンマーク人もとても興味深そうにしていました。

また食べ物も焼きそばやたい焼き、幕の内弁当などもあり、海外で日本の食べ物といえば寿司のイメージが強いので、他の食べ物が珍しいらしくどの店も繁盛していました。何故かたい焼きは特に人気でした。寿司がデンマークでポピュラーな食べ物であることは知っていましたが、他の日本文化がこんなにもデンマーク人に人気があることは知らなかったので、日本人であることがとても誇らしく感じました。

日本人もちらほら見かけましたが、圧倒的にデンマーク人が多く、しかも日本人よりも盛り上がっていました。日本が日本のことを紹介でき、デンマーク人が寿司だけでない日本文化を知れるとてもいい機会だと思ったので、日本に帰ってからも何らかの形でこのお祭りに関わりたいと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.