龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

祥明大学校マンスリーレポート

祥明大学校

2017年12月号 国際学部 K.K

レポート作成国際学部 K.K

・この留学を振り返って

10か月の韓国留学を通して沢山の経験をすることができました。留学に行く前の目標は、語学を学ぶこと、文化を学ぶこと、友達を作ることでした。これらのことすべてを自分の中では達成できたと感じています。まず、語学については、留学に行く前は聞き取りや喋ることがほとんどできませんでした。でも、帰るころにはどちらもできるようになっていたらしく、色んな人に韓国語が上手になったねと言われるようになりました。自分ではなかなか実感できないことですが人に言われると実感することができて嬉しかったです。文化については、韓国に住んでいるだけで色々なことを学ぶことができました。韓国人と日本人の違いや、食文化など驚くことが沢山ありましたが、どれも自分にとって良い知識になりました。次に友達についてですが、韓国人に限らず色んな人種の友達ができて、色んな人に助けられました。留学から帰る頃に考えてみると、想像した以上に友達ができて自分でも驚きました。その中にはこれからもずっと付き合っていくだろうと思う友達もいて、本当に自分にとって大切なものを得ることができたと思いました。

留学に行く前は不安でいっぱいでしたが、行ってみると本当に楽しくて色んな経験ができて充実した生活を送ることができました。感想としては、留学に行って本当に良かったという一言です。そして、留学を通してお世話になった方々に感謝をしています。自分にとってかけがえのない10か月でした。

・帰国後どう留学経験を活かす予定か

留学では韓国語を勉強していたので、これからも継続して韓国語を勉強していこうと思っています。具体的には、TOPIKの最高の級を取得することを目標にして勉強しようと考えています。そして、就職についても韓国語に携われる職業に可能であれば就きたいと思っています。あまり韓国語を活用できる職場は多くないと思いますが、韓国語を勉強している男の学生は少ないと実感しているので、なるべく韓国語を活用できる職場で仕事をしたいと思っています。他にも、留学生活を通して英語の必要性も実感することができたので、英語も並行して勉強していきたいです。

留学生活を送る中で韓国人の友達の助けがすごく、ありがたくて何度も助けられたので、日本に留学に来ている方に自分が何か手伝えることがあれば積極的に手助けをしていきたいと思います。

他にも留学の楽しさなどを色んな人に伝えて、沢山の人が留学に興味を持ってくれるようになってくれればと考えます。なので、留学について気になる人、聞きたいことがある人には積極的に留学について話していきたいと思います。留学を通して自分の消極的な性格が少しは積極的になれたので、その積極性を活かしていきたいです。

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.