龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

上海師範大学マンスリーレポート

上海師範大学

2019年3月号 国際学部 QW

レポート作成国際学部 Q.W

「オリエンテーションについて」

上海師範大学は留学生中心と对外汉语学院があり、对外汉语学院でクラス分け試験、面接、入学式を行い、留学生中心で入学手続きを行います。クラス分け試験は、面接、必要であれば筆記試験も行います。入学手続きはパスポート、保険にはいってるのであれば加入保険の証明書、顔写真が必要となります。手続きは午前中しか手続きができないため、忘れ物をした場合、留学生の数も多いのですごく時間がかかります。なので前もって必要なものを準備するのが必要です。午前中にクラス分け試験、面接と入学手続きを行うので事前にスケジュールを把握することでスムーズに手続きが進められます。入学手続き時に留学生中心でSIMカードの販売しており、比較的安いためここで買うのがオススメです。

入学式では新入生代表で韓国人とインドネシア人の2人がスピーチをしていて、中国語がとても流暢でレベルが高いなと思いました。留学生の各国の比率は韓国とインドネシアからの留学生が多いです。彼らと話していると、高校を出て中国に留学するというケースが多くほとんどの人が1年から二年中国に留学しているということです。会話で使う言語、中国語、英語を主に話します。この時に英語をしっかり勉強しておけばよかったと思いました。彼らは日本に対してとても興味を持っており、日本語でも会話をしてます。入学式が終わると各国に分かれて校内案内ツアーをします。そこで多くの日本人と友達になる機会があります。

写真左:对外汉语学院

写真右:留学生中心

 

 

「交通について」

交通について、上海では移動手段が多く地下鉄、タクシー、共享自行车(レンタル自転車)、バスがあります。ほぼ行きたいところに地下鉄が通っていて比較的便利です。私が空港を出て上海の浦东空港に着いた時にはタクシーを利用して学校に行きました。今思うとすごく損したと思います。空港から学校までタクシーで片道150元(約2500円)約50分に対して、地下鉄は片道55元(約1000円)1時間30分でいけます。時間に余裕があれば地下鉄をお勧めします。地下鉄からは浦东机场(2号線)→龙旧路(7号線乗換)→龙华中路(12号線乗換)学校最寄駅の桂林公园までです。最寄駅から徒歩15分で学校に着きます。時間に余裕があれば地下鉄からの方が経済的に安く済みます。

共享自行车は支付宝(アリペイ)から登録できます。登録はアリペイから哈啰单车と調べれば登録ができます。基本的に1日1元(16円)2時間無料で乗れます。購入時に1日1元パックも可能ですが、基本的には1ヶ月パックで購入した方が安いです。この哈啰单车には1ヶ月に数回割引セールがあり、その期間は1ヶ月パックが30元が21元になります。3ヶ月パック(90日90元)で買うと値段が半額になります。

中国ではほとんど現金を持たず、携帯で決算をします。その上で交通の支払いでいくつか必要なアプリを紹介します。

支付宝 (レンタル自転車、バス)  滴滴出行(タクシー)   Metoro大都会(地下鉄)です。これら紹介したものは全てアリペイの中に組み込まれており、共享单车はQRコードを読み取り、バスと地下鉄はQRコードをかざせば利用可能です。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.