龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

上海師範大学マンスリーレポート

上海師範大学

2017年11月号 政策学部 Y.Z

レポート作成政策学部 Y.Z

授業紹介

 

 

交換留学生は基本的は語学生としてクラスに入って中国語を勉強します。

語学生は一年や半年の学生のクラスです。

これと別に本科生があります。これは大学の本科生として入学し単位を取得し卒論を書かないと卒業できないクラスです。

語学生は初級~高級クラスがあります。私は前期高級のクラスにいました。高級以上のクラスがないので、そのままいると後期も同じ教科書で同じ内容を学ぶことになってしまいます。そのため、後期は本科生に混ざって授業を受けています。本科生は本科三年と本科四年があります。分類もビジネスコースと国際教育コースがあります。私は国際教育コースに所属しています。授業は①高级汉语精度(長い文章を読んだり文法を学びます) ②中国概况(中国の歴史や文化を学びます)③对外汉语教法(外国人に中国語を教えるために必要なことを学びます)④热门话题(これはスピーキングにあたります)⑤中国传统文化与当代社会专题(先生が毎回異なります。中国の文化や現代の時事を話してくれます)⑥汉语熟语(熟語や四字熟語を学びます)⑦中国文学(中国の有名小説を読みます)の七科目あります。本科四年になるとほとんど皆HSK6級を取得し終わっているのでPPT作ったり作文を書くのがテストだったりします。定期テスト中のペーパーの試験は四科目しかありませんでした。

言語生と本科生の両方を経験した私からすると、本科生の学生の方が勉強に熱心だなと感じました。単位や卒業がかかっているので、授業中も寝ている人が少ないです。授業後はテスト前に関係なく予習や復習をしっかりしています。本当に刺激を受けます。とてもいい環境です。

 


おすすめ上海の食べ物(韓国料理も含)

現地の中華はやはり日本の中華料理とは少し異なります。辛い料理も多いです。初めはあまり食べませんでしたが食べてるうちに辛さにも慣れて大好きになりました。麻辣烫という、具材を自分で選んで辛さを選びます。鍋のような感覚です。名前の通り麻辣なので辛い上に麻痺の強さも選ぶことができます。学校の裏門近くにお店が二つあります。お勧めです!辛いのが苦手なら全く辛くないというのも選ぶことができます。他には东北菜も本当に美味しいです!锅包肉 皮蛋豆腐 番茄炒蛋 拔丝地瓜 红烧肉などなど、メニューたくさんあります。メニュー表は写真がないのもあるので是非参考にして頂いたら嬉しいです。あとは羊肉串、口水鸡、凉皮、韩国烤肉、外卖韩国炸鸡、珍珠奶茶、小笼包、水饺子!上海はおいしいものがたくさん!!ぜひぜひ堪能してください

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.