龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2018年9月号 農学部 N.S

レポート作成農学部 S.N

余暇の過ごし方

授業は基本午前で終わるので、午後は自由時間です。私は最近節約もかねて自分でご飯を作るようにしています。校内のスーパーは、野菜などとても安く手に入ります。また友達と一緒にご飯を作ることもあります。外国の友達にその国の料理を教わったりもしました。午後は友達と寮の隣のカフェで勉強したり、夏休みの間はずっと中国のテレビ番組を見ていました。夏休みは特に校内は閑散としています。友達もルームメイトもあまりいないので、部屋にこもっていることが多かったです。カフェで勉強すると外国の人が多くいるので、外国の友達が増えます。友達に誘われて最近はテコンドーを始めました。土日の夜に2時間ほど授業があります。ほとんどは中国の学生です。前学期全く運動していなかった私にとってはかなりきついですが、とても楽しいです。また友達の部屋で外国の映画を見たりもします。英語ができないので、友達が解釈してくれます。私にとって日本とここで過ごす大きな違いは、“外国人”の存在です。日本にいるときは外国の友達はないに等しかったのですが、ここに来てたくさんの友達ができました。残りの留学生活は外国の友達と一緒に貴重な時間を過ごしたいです。

また大型連休には遠出をします。夏休みは本当に長いです。今学期の授業は9月17日から始まりました。また9月の下旬から10月の頭には国慶節があります。約1週間です。中国は広くて行きたい場所は山ほどあります。

 

今学期開始について

私は前学期終わりごろに部屋を変えました。生活習慣と言葉が合わず、思い切って日本の本科生の先輩に相談しました。私は半年でルームメイトが必ず変わると思い込んでいたのですが、それは人によりけりで、私のルームメイトは来年までいるようでした。そのため部屋を変えることに決めました。引っ越しは友達にも手伝ってもらい移動しました。今はマレーシアの本科生と一緒に暮らしています。彼女は私より1つ下ですが、とても頼りになる存在です。彼女とはすぐに打ち解けて毎日楽しく過ごしています。次に留学に来る後輩方々にお伝えします。万一ルームメイトと合わないと感じたら、思い切って部屋を変えてみてもいいと思います。

今学期の授業は前学期と大きく変化しました。前学期はクラスが8つあったのですが、今学期からはたったの3つです。1クラスに30~40人います。にもかかわらず教室は以前のままで、机がないまま授業を受ける状態もありました。そして人数が多い分、生徒個人の中国語能力の違いがかなりあり、正直以前より快適ではありません。私は1番上のクラスなのですが周りの学生の中国語能力に圧倒されています。残りの留学生活も有意義に過ごしたいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.