龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2018年5月号 農学部 S.N

レポート作成農学部 S.N

授業紹介

早くも3か月が過ぎました。前回も少し紹介しましたが、授業についてです。私のクラスは中2クラスで韓国人6人、日本人3人、ロシア人2人、スペイン人1人、アイルランド人1人、コロンビア人1人、ドイツ人1人、フランス人1人、南アフリカ人1人、ジンバブエ人1人、タイ人1人の19人で構成されています。しかし、授業に来ない人も多く、10人前後で授業を受けることが多いです。日本の授業とは違い、朝ご飯を買って授業中に食べている人もいます。そしてみんなよく発言します。私はまだ先生の話していることやみんなの発言が聞いてわからないことも多々あります。授業開始当初は全く聞き取れず、毎日が地獄でした。春假の後に期中考试がありました。4教科テストがありました。比較的簡単なものもあれば、難しいのもありました。私は特にリスニングが苦手で点数もよくなかったです。6月の下旬に今度は期末テストがあるので、頑張りたいと思います。

春假について

4月28日から5月6日まで連休がありました。私は友達と上海、南京、杭州に行きました。行く前からみんなでどこに行くか、ホテルはどこにするかを決めました。格安ホテルを予約したら南京のホテルのクオリティーが低く、ホテルの下は生肉を販売する市場のような場所で臭いがきつくて驚きました。とても三日間過ごせそうになかったのでホテルを急遽変えました。しかし友達がお金がなかったので、一部屋で5人泊まることになりました。3人がちょうど寝られるようなベットに5人で寝ました。心の中で5人も寝られるわけないやん!と思ってたのですが何とかなりました。何とかなるもんなんですね(笑)。今となってはこれもいい思い出です。

杭州でたまたま食べに行ったお店の人が日本に住んでいたことのある方で、その方に杭州のおススメを聞けました。北京に帰る際にはお弁当も作ってくださいました。筍の炒め物がとても美味しかったです。

私はこの旅行を通して価値観の違いに気づかされました。初めて外国の友達とツアーではなく自分たちで計画を立てて旅行しました。時には理解できないこともありました。しかし今となってはすべて含めて本当にいい思い出です。

 

 

火车:3段ベットで幅は比較的狭いです。杭州から北京に帰るときにこれで約15時間かけて帰ってきました。

 

南京:中华门

上海:田子坊

杭州:西湖

 

 

 


エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.