龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2018年7月号 国際学部 N.Y

レポート作成国際学部 N.Y

日本から持って来てよかった物

味噌汁、辞書、パソコンなど、持って来てよかったと思うものはたくさんありますが、正直中国には高めとは言っても、かなりさまざまな日本の製品が売られています。もしなくなれば、買いに行くことは容易にできます。しかしその中であえて選ぶとすれば、薬を持って行って良かったと思います。たくさんの人が同じ意見だとは思いますが、実際に行く前にはなかなか薬を準備することが難しいと思います。やはり体調を崩してやっと、必要だと感じるものだと思うからです。実際私も、最低限の二種類ほどの薬しか持って行っていませんでした。しかし日本の薬ということで、効能だけではなく安心感が強く、かなり重宝しました。時には友人と薬を交換したりもしました。薬もさまざまな種類があり、現地で買うことももちろん可能ですが、日本の薬のいいところは、安心感が得られるという点だと思います。薬は現地で買えても、安心感は買うことができません。

夏休みについて

夏休みは、7月の頭から9月過ぎまで2ヶ月と少しありました。私たち人民大学に通う龍谷大学の留学生は、寮費が免除となっていますが、渡航前には休暇の期間は寮を退寮しなければならず、代わりにサマースクールの生徒がたくさん来る、というような話を聞きました。実際他の大学の話を聞いていると、寮費は免除ではあるものの、休暇の間は料金が発生するため、2ヶ月ほどの休暇を日本へ帰国するという人もいたようです。しかし人民大学は、結論から言うと、そのまま寮に滞在することができました。6月くらいに寮に残るか残らないかというアンケートに答えておけば、夏休みの間も寮費免除のままで滞在することが可能です。しかし1年後本帰国の際は、学期が終わればすぐに問答無用で退寮しなければならないため、学期が終わった後も数日間滞在したい人たちはみんなホテルを自分で取って滞在していました。ともあれ休暇の間も北京にいられるので、旅行も行きやすくラッキーだと思います。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.