龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2016年12月号 文学部 R.D

レポート作成文学部 R.D

・試験について

今学期も先学期と同様に中間試験と期末試験がありました。相変わらず日本人にとってはさほど難しくはない試験です。自分より中国語を流暢に話すクラスメイトたちが筆記試験で苦戦しているのを見て、改めて中国語を学ぶ際の日本人の優位さを感じました。

試験といえば交換留学生は中国語の語学試験であるHSKを受験する必要があります。中国ではHSKは毎月行われており、人民大で受験することもできます。毎月あるので気軽に受験できますが、受験料は日本とあまり変わりません。

 

・旅行について

留学中は様々な場所へ旅行に行きました。時間にして留学期間の3分の1くらいは旅行をしていました。中国は交通費も宿泊費も日本に比べて安いため、旅行はおすすめです。一人で旅行をすれば中国語も大きく伸びるのではないでしょうか。

電車のチケットや宿の予約には中国の旅行サイトを利用しましょう。Ctripや去哪儿、美团などが有名です。私は主にCtripを利用していました。海外の旅行サイトも利用できますが、中国のサイトの方が安く便利です。

宿は中国人以外泊まれないところもあるので注意が必要です。場所によっては外国人が泊まれる場所がかなり限られてくる場合もあります。国際青年旅舍(ユースホステル)はほぼ確実に泊まることができ、料金も比較的安く、同年代の若者と知り合いやすいのでおすすめです。中国では基本的に湯船はありませんが、部屋に温泉がついている宿(四川省甘孜)なども温泉地にはあり、温泉付きなのに一泊1000円以下で泊まれたりします。

私が行った中で最も食事が美味しかった場所は、夏休みに行った新疆ウイグル自治区です。ウイグル料理はいわゆる中華料理ではありませんが、北京にはウイグル料理の店が数多くあります。北京で食べられるウイグル料理も美味しいのですが、本場で食べるウイグル料理のおいしさは想像を超えていました。バザールで食べたポロ、ラグマンなどをはじめ道端で売っているナンやよくわからない食べ物まで何から何までおいしく、今でも時々食べたくなります。新疆ウイグル自治区はメロンやブドウなど果物の産地としても有名です。大きなスイカがひとつ1元(17円)で買えるなど非常に安く、おいしいです。ブドウの谷があることで有名なトルファンではブドウやメロンを食べ飽きてしまうほどでした。治安が悪いと言われることもありますが、私は他の地域と比べて特に治安の悪さは感じませんでした。北京からは遠いですが、個人的に最もおすすめしたい場所です(自治区首府であるウルムチは中国の他の都市とさほど変わらず、ウイグルを感じにくいのでカシュガルやトルファンなどまで行くことをおすすめします)。また、四川料理も蒸し暑い現地で食べたものが特別でした。中国は広く、気候も場所によって大きく異なるため、その土地の料理はその土地で食べるとやはりおいしいです。新疆哈密瓜

自然が綺麗だった場所は青海省、四川省です。青海省には多くのチベット族が住んでおり、有名な四川省の九寨溝や黄龍も四川省のチベット族自治区にあります。概して私が綺麗だと感じた場所はチベット族の住んでいる場所でした。標高の高い場所が多く、車をチャーターするか乗り合いワゴンに乗らなければいけないなど、行きにくい場所でしたがその分景色も綺麗でした。ガス水道の通っていない町に泊まる必要があったり、料理も正直あまりおいしくなく不便ですが、雄大な景色や荒々しく切り立った山など景色は格別です。青海省では“中国のウユニ塩湖”茶卡盐湖、中国最大の湖である青海湖、タール寺、坎布拉国家地质公园、四川省では有名な九寨溝、黄龍、これもネット等で有名な東チベットがおすすめです(中国で最も多くの日本人旅行者を見たのは、四川省成都の東チベットへ向かう人日本人の多い宿ででした)。時間等が許せば青海省西寧からチベット鉄道に乗ってチベット自治区ラサへ行きたかったのですが、叶いませんでした。

青海四川

北京から行きやすい場所では西安がお気に入りでした。兵馬俑等がありますがあまり面白くなく、観光という意味では面白くない街だという人西安も少なくありません。私にも西安は上海などと比べるとほこりっぽく汚い街のイメージがあります。しかし私は西安が気に入り、結局合計3回西安に行きました。中国で最も好きな都市を聞かれたら西安を挙げます。好き嫌いは分かれるかもしれませんが、一度行ってみる価値はあると思います。歴史のある、中国らしい、いい街です。

中国を旅行する際、中国語ができるのとできないのでは全く違います。若者や一部の人は英語ができますが、多くの人はできません。旅行中、中国語で頑張って交渉すればいろんなことが思った以上になんとかなるし、中国語で会話をすればいろんなことを知ることができます。中国へ留学に行くなら、ぜひたくさん旅行をしてください。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.