龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2014年10月号 国際文化学部 R.T

レポート作成国際文化学部 R.T

授業紹介 後期の授業が始まり、前期よりも一つ上のクラスに上がる事が出来ました。一番上のクラスで日本人一人ですけど頑張ろうと思いました。私のクラスは皆が真面目過ぎて休憩時間も教科書とか見ていたりしていて最初の頃は中々誰も会話が無い状態でしたけど今は休憩中も授業中も仲がいい感じです。 授業は前期と同じく口語、阅读、听力、写作、精读の五つがあり内容の難しさ的に私と合っている感じがしました。精読と听力の授業が一番楽しいです。精読なのに口語並みに喋るし写作並みに作文を書かされますけど授業の仕方がいい感じなので苦にはならない感じです。听力は先生が日常生活で使える中国語などを教えてくれます。教科書にない事まで教えてくれますので知識が増えます。質問もたくさんしてくれますので発言もでき口語の練習にもなります。写作は前期と同じ先生で内容は前期より難しい事をしています。最近の宿題では短編小説を書くなど予想もしてなかった宿題が出ました。阅读は教科書通りに授業が進み、先週に期中(中間)テストがあり教科書から出ない問題ばっかりで、ちょっと難しいなぁと思いました。口語の先生は他の先生と違いとても厳しい感じがします。教科書の予習をしてないと授業についていけない事もあります。教科書以外の事も教えてくれますのでその他の知識も増えます。 授業は毎日朝8時なので未だに朝起きる事に苦戦しています。月曜日だけ2限の授業が無いのでとても嬉しいです。 国際文化祭in中国人民大学 9月末と10月中旬に中国人民大学国際文化祭が行われました。文化祭の日にちが告げられたのは行われる2週間前とかで準備期間が本当に短く、更に十一国慶節に旅行の予定を立てていた人もいましたので大変でした。日本は二つブースを貰い、片方は日本の伝統ある遊びやおもちゃの紹介をして来客にハッピを着てもらい記念撮影を撮るブースでした。もう一つのブースはおにぎりと味噌汁をその場で作って販売するブースでした。私はなぜか料理班班長に推薦されてしまい、班長をやることになったのですが、先輩たちからのアドバイスでいきなり本番ではなく、事前に二回ほど練習した方がいいというアドバイスをいただいたので事前にみんなで練習をしました。練習の結果もありみんなが綺麗なお握りを握ることができよかったです。味噌汁は私が担当し韓国人の留学生に今までで一番おいしいという言葉をいただくとても嬉しかったです。ブースを終了したあとに閉幕で踊るダンスを練習しないといけなかったのですが、連休で学校に人がいなかったりして練習時間も少ない事を考慮してアイドルの完コピすることになり、AKBのフライングゲットと恋するフォーチュンクッキーと男子は嵐を踊りました。女子は元々踊れる人が多かったのでスムーズに覚えて全体練習ができたけど男子の嵐は本当にいきなり決まったことで3、4で覚えて夜遅くまで練習をして、閉幕式で披露するまでに睡眠時間を削りみんなで練習したので本番をやりきった感が凄かったです。やはりみんなで協力して何かを成し遂げることは素晴らしいと感じました。日本人留学生の絆がより深くなったと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.