龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2014年3月号 国際文化部 R.T

レポート作成国際文化学部 R.T

環境について 北京に来て一か月半が過ぎました。大学生活にも慣れてきたところです。 大学の設備はとても充実しており、食堂も沢山あり一番お世話になっているのが留学生食堂1です。他の食堂に比べたらお値段はちょっと高めですけど味はほとんどハズレなしです。最近はよく留学生食堂2に行きます。留学生食堂2は通称韓国食堂で韓国料理が食べられます。勿論中国料理も食べられます。韓国食堂には韓国人が多く通っています。たまにイタリアンが食べたい時は寮のすぐ隣にサークルというカフェがありますのでお金に余裕がある時や贅沢したい時はそこに食べに行きます。ピザとかサラダなどパスタも美味しいです。小腹が空いてないと思うときには寮を出ですぐそばに饼(ナンの中に具が入っている食べ物)を食べています。今では常連と言っても過言ではない。その他にもたくさん食堂がありこれから徐々に挑戦しようと思います。その他に私が一番通っているのが世紀館という名前の体育館です。食堂並みとは言えないですけど週4は通っている気がします。体育館では主にバドミントンをしています。知り合いと競い合って技術を磨いています。運動場もあり夕方になると沢山の人が散歩をしている。私も最近中国料理を食べすぎて太ったので時間がある時は散歩を心がけようと思っているところです。自分なりにスクールライフを楽しんでいると思っています。 自由テーマ 万里の長城に行きました。 三月最初の日曜日に学校が新入生の為に企画してくれた万里の長城に一日遊びにいきました。 中国に遊びに結構きていたけど毎回万里の長城に行こうとは成らなくって今回は本当に何年振りの長城でテンションがとても上がりました。最初は張り切って頑張ろうとバスを降りてからはしゃいでいたけど入口に辿りついてときにはもうすでに疲れていてはしゃいだことを後悔をしました。やっと登れると思ったらなんか不思議な洞窟を通ることになって2月だから池に水は入って無かったけどイルミネーションが綺麗でした。洞窟を抜けだしたら長い長い階段が待っていました。休憩しつつ登ったんですけど周りの知り合いなどにまだ20歳なのにと言われて20歳の意地を見せてあげようじゃないかと思いましたけど本当にしんどくてそんなどころではなかったです。長い長い階段を登りきったころやっと長城がみえて頑張った甲斐があったなと思いました。長城をのんびり歩いている時に他の知らない留学生と仲良くなり、疲れたねなどの会話をして写真をとってよりみんなと仲良くなった気がしました。長城を降りるときに他の留学生をすべりだいみたいので一瞬にしておりていましたけど私と友達は歩いておりたので足がぶるぶる震えていました。 昼時になっても帰ってこない人がいたのでみんなお腹を空かして待っていました。昼ごはんは韓国人と同じテーブルでみんな中国語がとても上手でびっくりしました。女子が集まると恋愛の話をするのが定番で人生初韓国人と恋バナをちょっとだけしました。 帰る際に記念品も買えたので満足して帰りのバス、爆睡して帰りました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.