龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2013年9月号 国際文化学部 K.Y

レポート作成国際文化学部 K.Y

・カルチャーショックについて

私は特にこれと言って衝撃を受けたりしたものはないのですが、外で痰を吐いたり、トイレットペーパーを流すことができないのでゴミ箱に捨てる習慣であったり、日本では目にしないような光景に少し驚くかもしれません。私の場合は、中国に来る前に話はいろいろと聞いていたので、あ〜!この話って本当だったんだ!程度にしか感じませんでした。スーパーでぶどうなどの果物を無造作にもぎ取ってその場味見したり、尻割れズボンという子供服でお尻の部分の布がぱっくり割れているものなど言い出すときりがありませんが、羅列していきます。

魚の骨など食べられないものがある時、日本であれば皿の端に出したり、ティッシュに包んだりしますが、中国では、机の上に直に置きます。ティッシュなんて敷きません。そして、そのまま置き去りにして帰ります。

あと、トイレです。鍵の無いトイレが多々存在します。誰も入っていないと思い、ドアを開けたら使用中で、気まずいまま別のトイレへ、が、しかしここも使用中なんてこともよくあります。入っている中国人は慣れているのか全く見向きしません。ものすごく罪悪感を感じます。自分が鍵の無いトイレに入る場合は友達に見張っていてもらうのが一番良いのですが、間違えて一人で入ってしまった場合は頑張って何とかして下さい、としか言いようがありません。

 

・ネットショッピング

何の話だと思われる方もいるでしょうが、中国はネットショッピングがすごいと思います。(個人的にですが)本当に何でも買えます。食料品から、服、家具、携帯、時々不動産なんかもあったりします。揃わないものは無いんじゃないかと思うくらいにカテゴリーが充実しています。そして、安いです。キャンペーンなどがある時は普通でも安いのに、もっと安くなります。

新学期が始まり、クラスなどが変わると教科書も新しいものを買わなければならないのですが、指定の教室に教科書を買いにいっても品切れということがあります。結局教科書が買えないまま授業に行き、先生にこの事情を話すと、じゃあインターネットで買いなさいよ。その方が値段も安いし、今頼んだら明日の夜までには届くわよ。と言い、黒板にネッショッピングのサイト名を書き始めました。お〜!こんな手もあるのか!と素直に感動してしまいました。しかも、その後クラスメイトがネットショッピングで教科書を買ったらしく、このサイトは高かったから、こっちで買った方が良いよとアドバイスまでしてれました。

本当に何でも売っていてて、見ていて楽しいですし、当たり前ですが全部中国語なので、机に向かう勉強に嫌気がさした時、中国語の勉強がてらショッピングも楽しいですよ。ただ中にははずれもあるので、見極めつつショッピングを楽しんでみて下さい!

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.