龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2013年10月号 国際文化学部 S.H

レポート作成国際文化学部 S.H

・授業紹介

私は今学期から高級Bというクラスで中国語の授業を受けています。クラスは初級、中級、高級に分かれ、またそれぞれの級の中でもいくつかの段階に分かれています。今学期から中国語を教える講師の先生の数が減ったということもあり、全体的にクラスの数を2つほど減らしその分1つのクラスに入る生徒数が少し増えました。私の高級Bというクラスは、日本人・韓国人の数が約全体の半分を占め、欧米系の生徒が残りの約半分を占めています。生徒数は他のクラスに比べかなり多く、気軽に様々な国の人と接することができることは利点というべきでしょう。しかし、数が多いが故にクラスの中でも中国語のレベルに少し差が出て、授業中に発言を積極的にする人とそうでない人にばらつきが出てしまい、クラスに一体感を持たせるのは少々難しいように感じます。ちなみに、留学生は年齢層の幅も厚く、個性豊かな学生が多いです。以前は北京の他の大学で講師をしていたドイツ人のクラスメイト、中国の様々な地でトークショーやお芝居を仕事にしているアイルランドの有名人、韓国の記者で今は会社の派遣で中国語を学んでいる人、など個性豊かな留学生が人民大学にはたくさんいます。

今学期の特色ある授業は、「口語」と「精読」の授業です。

口語の授業では、誰か一人が「孔子の教え」を一つ取り上げ紹介し、その後グループをつくりその紹介された内容について討論をします。中学や高校で習った孔子の教えが今一つ一つ懐かしく蘇り、少々熱い討論を通して色んな国の人と考え方を膨らませています。

精読の授業では、朱宁先生による「この単語や文法はどう実践していつ使うのか?」をモットーに、一つ一つ丁寧に解説を聞き、その場で生徒が何か一つ例文を挙げ、確実に頭に残るような工夫・指導を受けています。朱宁先生の発言にはユーモアもあり、授業中は中国語で論理的に話すことの練習にもなり、生徒の質問にも確実に答えてくれます。この先生の授業は私だけでなく他の多くの留学生にも人気で、とにかくおすすめです。

 

・サークル紹介

この間、大学のサークル活動が校舎内でブースごとに紹介をするイベントがあったので行ってみました。これが全てではありませんが一部紹介したいと思います。

樱花会 (日中語学交流) 定期的に中国人民大学の日本語学科の生徒と語学交流

中日交流会 (日中交流) 日中合同成人式、食事会や北京観光を開催

・杨式太极拳协会(太極拳)

・混元太极拳研究会(太極拳)

・雅隆文化交流社 (チベット文化交流) チベット族以外の学生も参加可能

・美食协会(グルメ)

・星月空天文社 (天体観測)

・人大传武社 (少林拳,空手道,弓道)

・IDEA 国际发展交流协会 (国際交流) ランゲージパートナーを探す、国際文化際の準備、アジア国際関係会議、日中韓学生商学発表会など、活動多数

・LOHAS (旅游、運動)

・军事爱好者协会 (中国軍事研究など)

・公关关系协会 (コミュニケーション)

・自由舞者 (ストリートダンス)

・剣道社 (日本剣道)

・高尔夫俱乐部 (ゴルフ)

・科学幻想协会 (科学研究)

その他にも、漫画・アニメサークルや、内モンゴル自治区文化交流会、など…

ちなみに私は中国人民大学ではありませんが他の大学のダンスサークルに入っています。何か共通の趣味を持った中国人の友達とは親密度が増すこと間違いなしです!

 

 

 

 

 

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.