龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2012年9月号 国際文化学部 Y.M

レポート作成director

授業紹介

6月末から9月初めまでの夏休みを終え新学期が始まりました。中国では日本とは反対でこの9月からの学期が第一学期となりますので多くの新入生が入ってきました。この学期では私は高級Aクラス、一番レベルの高いクラスに参加しました。例年前学期の留学生のクラスは全体的にレベルが落ちます。私の参加したクラスも生徒によってバラつきはありますが、思ったほどレベルの高い授業ではなく何とかついていけそうです。授業内容は前期と同じで、閲読、精読、リスニング、口語、作文の5項目です。閲読と作文が週1回づつ、リスニングと口語が週に2回づつ、精読は週に3回といった感じです。さすがに高級クラスでみんな中国語が上手なので授業中の発言も多く、比較的スムーズに授業は進んでいきます。中級クラスの時はひたすら先生の話す中国語を聞くといった授業でしたが、高級クラスでは生徒側が話をするのが中心の授業になります。問題は前の学期と先生が違い先生によって授業のやり方が全く違うためすこし不満を感じてしまうことがあります。クラスメートによってもレベルの差があるので自分で工夫して授業をより有意義なものにする必要があると思います。

 

危険を感じたこと

中国に来てから今まで特に身の危険にあったことはありません。だからと言って油断は禁物です。自分は大丈夫と思わないことです。観光地に行く時は特に注意が必要です。私たち日本人のような外国人観光客を狙った詐欺グループはたくさんいます。あるときは英語や日本語を使って近づいてきます。相手の強教養のあるところを見るとついつい安心してしまいますが、彼らは非常に頭がよく、事前によく練った手順で私たちからお金を取ろうとしてきます。実際上海に旅行に行った友人の多くはこういった詐欺グループに声をかけられています。決して他人事とは思わないことです。また中国は日本との外交問題の影響で過激な反日デモが起こることがあり、ちょうど今中国では尖閣諸島の問題で各地デモが起こりました。2週間ほど大使館からの指令で外出を控えるように言われ、学校内でおとなしく過ごす日々が続きました。食堂にテレビがあり毎日尖閣諸島やデモに関わるニュースが映っており、多くの人がくい入るようにそのニュースを見つめておりとても印象的でした。しかし学校内にいる以上中国人の人たちの態度もいつもと変わらず、危険を感じること無く過ごせました。

 

国際文化際について

中国人民大学では毎年国際文化祭が開かれます。今年も10月の最初にそれがひらかれ各国の留学生が母国の文化を紹介したり、国の料理を紹介したりしました。私も日本グループに参加し味噌汁、おにぎり、折り紙などを紹介しました。女の子はみな浴衣を着てブースに集まりました。華やかな浴衣の色に他の国の人も興味を引かれている様子で、多くのひとが写真を撮りに集まりました。さらに他の国のひとの華やかな民族衣装もたくさんみらることが出来て非常によかったと思います。このイベントは中国語の勉強とは関係ありませんが、日本人留学生みんなでひとつのことをできるめったにない機会ですのでぜひ参加してほしいと思います。さらに10月末にはステージ発表もあり、各国がそれぞれの国のダンスをステージで披露します。毎晩数時間の時間を練習にとられることになりますが、なんとか勉強時間を確保したまま参加できればいいと思っています。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.