龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

中国人民大学マンスリーレポート

中国人民大学

2012年3月号 国際文化学部 K.Y

レポート作成国際文化学部 K.Y

・大学施設について

人民大学の中には食堂はもちろんカフェもあります。朝早くからやっている食堂もあるので、早起きして朝ご飯を食堂で食べたりします。お昼ご飯は友達と一緒に食堂に行くことが多いです。晩ご飯は大学内から出て食べたりもしますが、寮の近くに何軒か食堂があるのでそこで済ませることも多いです。カフェはネットを使うことができる場所もあるので、自分の部屋で勉強するのに飽きた時など、パソコンを持ち込んで勉強したりします。

そのほかには、テニスコート、バレーボールコート、バスケットコートなどが外にあり、室内プールや体育館内にはバドミントンのコートや、卓球台、ビリヤードなど運動施設が豊富にあります。使用料も安いので、手軽に運動することができます。

 

・大学周辺について

大学の前には人民大学駅という地下鉄の駅とバス停があり、交通の便はとても良いです。歩いて15分程度のところに大きなスーパーや、ファッションビル、レストランなどがたくさんあります。そして、中国の秋葉原と言われるだけあって、電化製品のビルが多いです。

道路を挟んで大学の前には”女人街”と呼ばれる場所があり、服や雑貨、飲食店などが並んでいます。

 

・気候について

北京はまだまだ寒いです。この前は朝起きて外を見ると雪が積もっていました。空気汚染は空気がきれいな日と汚い日の差が激しいです。きれいな日だと空が真っ青で本当にきれいなのですが、汚い日は部屋から見えるはずのビルが見えなかったり、視野が悪くなります。大体3月の中旬ぐらいで暖気が切られてしまうのですが、切られてたのと同時にあまりの寒さに風邪をひいてしましました。最初は日本から持ってきた薬を飲んでいたのですが全く治らず、友達に勧められて病院に行きました。中国の風邪は日本のものより強い気がします。なかなか治らないですし、結構しんどいです。病院で言われたのは、今の時期風邪で病院に来る留学生がとても多いとのことでした。そして、必ず風邪をひいていてもひいていなくてもマスクをつけて下さいと言われました。空気汚染がひどいので、マスクをしないで外に出てしまうと治るものも治らないそうです。

北京にはまだ春が来ないようですが、来たとしても2〜3週間程度で終わり、すぐに夏になるそうです。雨が少ないので蒸し暑い夏ではなく、カラッとした夏になるようですが、こっちに住んでいる人はみんな口を揃えて、本当に暑いと言います。まだ体験していないので分かりませんが、汗が止まらないようです。

北京は本当に雨が少ないです。こっちに来て1ヶ月経ちますが、傘をさしたのは1度だけです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.