龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

京畿大学校マンスリーレポート

京畿大学校

2018年6月号 国際学部 H.S

レポート作成国際学部 H.S

治安、危険に感じたこと、トラブルについて

韓国にきて4ヶ月が経ったのですが、まだ大きなトラブルはなく、治安が悪いと感じたこともありません。わたしはソウル市内ではなく京畿道の水原市に住んでいますが、交通量も多く危険に感じたことはありません。しかし韓国人の友達の話を聞くと、水原市の駅の周辺は少し危険な通りがあるみたいです。なので水原市の駅を利用するときは路地など人影の少ない道(特に夜中)は使わず、昼間人通りの多いメインストリートを利用することを勧められました。実際危険だと感じたことはないのですが、それでも気をつけたいなと思います。

韓国は夜中まで開いているお店が多く、日本のように夜中でも街灯などが多いので比較的安全だと思います。

あと危険に感じたのは交通量の多さです。韓国では食べ物の配達が盛んに利用されるのですが、人通りの多い道でも構わずバイクが走ってくるのでとても危ないです。それと歩道の信号が変わった瞬間に車道の信号が青に変わるので日本の感覚で信号を渡るとひかれそうになるので気をつけたほうがいいです。

 

・南怡島

期末試験も終わり、日本の大学より一足先に夏休みがはじまりました。先週、日帰りで冬ソナの撮影地として有名な韓国の観光地「南怡島」に行ってきました。

南怡島は江原道の春川にあり、加平駅を降りてバスで船乗り場まで行きます。所要時間はソウルから2時間ほどです。船乗り場に着くと船に乗って島まで行く方法とジップワイヤーで直接島まで行く方法がありました。ジップワイヤーを体験したのですが周りは自然だらけなのでとても爽快感があり気持ちよかったです。帰りは船で帰ってくるので私はジップワイヤーで行く方法をオススメします。

南怡島は自然がいっぱいで動物のたくさんいたり、芝生や木々も多くその日はとても暑かったのですが木陰の風が気持ちよかったです。韓国に旅行で訪れるとき、基本ソウルが多いと思うのですが、南怡島はソウルでは味わえない自然をたくさん感じられたり、少し違った韓国を感じることができるので、遠出してみたいなと思う人に最適だと思います。

(ジップワイヤー)(冬ソナの撮影地「メタセコイア並木道」)

 

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.