龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2017年12月号 政策学部 S.H

レポート作成政策学部 S.N

この留学を振り返って/帰国後留学経験をどう活かすつもりか

 

 

留学を終えての感想は感謝する事ばかり思い出しますが、大きく感謝するのは2つです。こんな私を留学させてくれた龍谷と、考え方を変えてくれた韓国にです。
平凡に龍谷大学で授業を受けて、平凡にバイトして、このまま平凡に就職する人生だろうなって思ってましたし、夢なく適当に生きてる自分は交換留学生になる資格が無いと思ってました。そんな私に留学の機会をくださった龍谷大学に感謝しています。4回生でしたし、私費留学だったら留学の決心がついていなかったと思います。
実際に留学をしてみたら、私みたいに適当に流れに身を任せて生きてる人より 人生について深く考えてる人が多い気がしました。ミュージカル女優になりたい。デザイナーになりたい。客室乗務員になりたい。韓国語の先生になりたい。起業したいなど、やりたい事の為に努力する人を見たらキラキラ輝いて見えましたし、自分も輝きたいと考えさせられました。
もともと私は「適当に生きてもある程度収入が貰える日本は良い社会だ。努力が必要な韓国はしんどい社会だ」と思っていましたが、しんどいだけじゃないと気づきました。その分支えあって努力しあっている姿はとても魅力的なものだと感じました。
平凡に人生を終わらすんじゃなくて私もみんなに負けないぐらいやりたい事に向けて努力し、満足できる人生にしたいと思えました。そうして暮らす中で夢が出来たので何年かかるかは分かりませんが、とりあえず頑張ってチャレンジして見ようと思います。小学生から夢が無く冷めてた私にとっては大きな変化でした。夢をくれて、努力の素晴らしさを教えてくれてありがとうございました。
キラキラしていて尊敬するみんなの中で過ごせた韓国留学は私の中で一生の宝物になると思います。
そしてみんなの夢が叶うことを遠くから願っています。
この場をお借りして再度感謝申し上げます。
1年間という短い期間でしたが ありがとうございました。 감사합니다.(カムサハムニダ)

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.