龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2016年6月号 国際文化学部 K.I

レポート作成国際文化学部 K.I

・治安、危険を感じた事、トラブル

 

私は韓国に着てあまりたってないころに、寄宿舎の道があまりわからなくて夜遅くに一人で迷ったことがありました。そのときに知らない男の人から声をかけられ、無視をしてもついてくるような人がいて、少し怖い思いをしたことがあります。しかし、海外だからそういう経験をしたとかじゃなくて、夜も遅くに女の子一人で歩いていたらどこの国でも危険だと思いますし、日本でも同じだと思います。私はまだ韓国にきてトラブルになったこととかもないですし、今のところは日本と似ているような感じだと思います。

ただ、学校の周りには飲み屋がたくさんあったり、コンビニなどでお酒を飲んでいる人が多く、酒に酔っている人とトラブルを起こしている友達はたくさんいました。あと、電車の中でいきなり、おじいさんに怒鳴られたりしたような友達がいました。怒られた理由は、友達が電車に乗ったときに、知らずに優先座席を座ったからだそうです。日本の電車にも優先座席があって若者が座ってる場合も多いですが、韓国では、絶対に座ってはいけないというのがあると聞きました。妊娠している女性のための席などもあるみたいで私はこのことを知らなかったので気を付けようとおもいました。

写真は韓国の道と寄宿舎の写真です。

 

 

・サークル

今回は私が所属しているハラムというサークルについて紹介したいと思います。ハラムというサークルは韓国人の学生が先生となって、外国人に韓国語を教える授業をするものです。このハラムというサークルには級わけのようなものがあり、下から、基礎、初級、中級、高級と分かれており、自分の実力に合わせて授業を受ける事が出来ます。授業費なども必要ありません。私は、韓国語を早く覚えたいのもありましたが、韓国の友達や外国の友達が出来ればいいなあと思ってあたので、このサークルに入りました。このサークルには日本人をはじめとして、韓国、中国、カメリカ、台湾、タイ、スゥエーデンなどたくさんの国の人たちと触れ合うことができます。ただ、授業をするだけではなくて、一緒にご飯を食べに行ったり、MTという絆を深めるための一泊二日の旅行などがあります。MTでは焼き肉を一緒に食べたり、ゲームをしたり、今年は班に分かれて、それぞれの班が韓国料理を作り、どの班が一番おいしいなどの競い合いもしました。海外の人たちとたくさん話したり、お酒を飲んだりできる機会があったり、とても楽しいサークルだと思います。

写真はMTの時の私の班と、ゲーム中のものです。


エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.