龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2015年5月号 国際文化学部 Me.T

レポート作成国際文化学部 Me. T

①授業紹介

私は現在、東国大学の付属施設である語学堂に通っています。韓国について興味のある方ならば一度は聞いたことがあるかとは思います。

語学堂とは韓国、特にソウル市内にある大学にはほとんど存在する、韓国にいる外国人に韓国語を教える教育機関です。東国大学にもこの語学堂が存在します。

語学堂のクラスはレベル別に分かれており、初級から高級(いわゆる上級です)まで6段階あります。ちなみに6級が最も難しい最上級クラスです。語学堂に入る際にはまず最初にレベルチェックテストを受け自分がどの級から始めるかを決めます。私は3級から始めました。龍谷大学から東国大学に交換留学する学生はだいたい3級から始まる人が多いです。

私のいた3級のクラスは私以外は台湾人1人、香港人1人、後の11人は全て中国人でした。授業時間は平日9~13時までのおよそ4時間です。担任の先生は二人います。毎日新しい韓国語の文法を2つ、その他にも語彙や単語などを習います。他にも学内の韓国人学生にインタビューした内容をもとに新聞製作をする日や韓国の映画を鑑賞する日もあります。

また、授業の一環として文化体験の日もあります。各級ごとに行き先が異なり、韓国内の観光地を訪れたりします。今回の3級の文化体験では仁寺洞のギャラリーを訪ねました。そして、語学堂の各学期終わりには修了式があります。そこで各級の成績優秀者や皆勤賞等の表彰式が行われます。ありがたいことに、私は3級の成績優秀者として表彰されました。頑張って毎日少しずつ勉強していれば、結果がついてくるのだと改めて実感しました。

 

②韓国に関する情報収集の方法について

私は普段からよく韓国に関することについてインターネットで調べものをしたりしています。細かいことで言えばソウル市内のバスや地下鉄の乗り方であったり、おいしいと評判の店であったり様々なことについて調べ、時間を見つけてはソウル市内のいろいろな場所に出掛けています。その際に参考にしているのは「コネスト」や「ソウルナビ」といった韓国に関する情報を扱っているポータルサイトです。これらのサイトは韓国旅行の際に役立つ情報だけでなく韓国で生活する際にも役立つ情報がたくさんあり、よく利用しています。

また、大手のポータルサイトでも有益な情報は得ることはできますが、韓国で実際に生活するうえで参考にしたい情報などは韓国の男性と結婚されて韓国に住んでいらっしゃる日本人の奥様が書かれているブログなどを参考に、穴場の店や日本人の好みに合うように対応してくれる美容室などの情報を得る時もあります。そこで韓国人男性についてのリアルな感想を見ることもできるので面白いです。また、ツイッター等で在韓日本人の方の発信される韓国情報を見る時もあります。

ただ、これらの情報はすべて鵜呑みにしない方がいいです。正確な情報でも、実際に経験してみないと自分に合う合わないは分からないので、これから韓国に留学をしようと考えている方には情報はあれば便利であるがあてにしすぎないようにすることを心がけてほしいと思います。

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.