龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2015年12月号 国際文化学部 Mo.T

レポート作成国際文化学部 Mo. T

この留学を振り返って

ついにマンスリーレポートを書くのも最後になりました。日本に帰国した今、10か月の留学生活は夢のようであったと感じますし、まだ韓国で生活しているような感覚に陥るときもあります。今回のレポートでは締めくくりとして、今回の留学について振り返りたいと思います!!!

私が交換留学に応募しようと思ったのはとても軽い気持ちでした。もちろん龍谷大学には韓国語を勉強するために、韓国へ留学するために来たのですが、テストや面接を乗り越えて、多くの受験者の中から自分が交換留学生として選ばれた時は本当にびっくりしましたし、ビザなどの準備をしながらも自分が1年間韓国へ留学するんだという実感が湧きませんでした。韓国に早く行きたい反面、1年という長い期間を海外で過ごせるのか不安でもありました。やはり渡航直後は旅行に来た気分で楽しかったですし、自由に過ごすことができるんだという気持ちでとても浮かれていました。ですが、しばらくしてから韓国語が聞き取れない、自分の言いたいことを韓国語で上手く伝えられない、顔なじみの友人もいない、当然食事も違うのでたくさん悩んだ時期がありました。更に私は人前で失敗したくないと思っていたので、語学堂の授業でも発言することはあまりなかったですし、わからないと思ったことも聞けずに終わってしまう…ということもよくありました。ですが、このままでは韓国に留学に来た意味がない!他の子たちは失敗しながらも発言をしているのを見て、私も変わろうと決めました。それからは積極的に発言するように心がけたので、5級の頃には授業中に分からないと思ったことはその場で聞けるほどになりました。友人に関しては友人の友人を紹介してもらったりして輪を広げていきましたが、私が韓国で出会った友人たちは優しい人が多く、たくさん良くしてくれました。語学堂の先生方も優しい方ばかりで、私が分かるまで様々な方法で分かりやすく教えてくださいました。それ以外にも、私が韓国で生活する上で様々な方々の手助けを受けながら生活してきたと思っていますし、そのおかげで留学生活を無事に終えることが出来たと思っています。韓国での留学生活は私の一生の中でも貴重な経験のうちの1つになると思いますし、留学のおかげで成長できたこともたくさんあります。これからも大切にしたい人たちとも出会わせてくれた今回の留学にとても感謝しています!10か月間このレポートを読んで下さった方、今までありがとうございました^^

帰国後どう留学経験を活かす予定か

帰国後は就職活動が始まりますので、韓国で向上した語学力を活かすのはもちろん、海外で生活した経験や成長した部分も大いに活かすことができればいいなと思っています!今回の留学で視野もたくさん広がったのでいろいろなことに挑戦してみるつもりです^^

そして私は人と接することが好きなので、韓国に留学に行こうか迷っている人や、留学を準備している方たちのお手伝いもできればいいなと思っています!

留学によって向上した語学力が落ちないように勉強も続けていきたいと思います。まだまだ分からないことや知らないことが多いですし、発音などたくさんの課題があるのでネイティブにより近づけるように頑張ります!そして韓国では取れなかったTOPIKの6級を取得できるようにも頑張りたいです。

留学に行く前よりももっともっと韓国が好きになったので、これからも韓国とたくさん関わっていきたいと思います!!!

 

帰国前に全州に行って来ました!街並みも綺麗で食べ物もおいしかったです^^

冬の東国大学です!12月頭に雪が降りました。

帰国前最後にカルビを食べました!おいしかったです♡

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.