龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2015年3月号 国際文化学部 Y.Y

レポート作成国際文化学部 Y.Y

【オリエンテーションについて】

入寮日2月25日から2日後の27日に各国の交換留学生とバディーが集まるオリエンテーションがありました。

あまり広くはない部屋に集まり担当する国際交流チームのスタッフの方々の紹介から始まりました。

説明は全て英語で行われ、大学ごとに前に出て自己紹介をする時間もありました。(言語は英語か韓国語)

緊張しましたが暖かい雰囲気で話しやすかったです^^ 私は英語が苦手なので韓国語で自己紹介しました(笑)

日本からの交換留学生が想像以上に少なく、中国や欧米から来る学生の方が多かったことに驚きました。

 

オリエンテーションで自分の学生証をもらい正式に学生番号をもらうことができました。

韓国の学生証はキャッシュカードにもなり、交通カードにもなります。

その他内容は校内で使えるWi-Fiの詳細やサークルの簡単な紹介などでした。

どうやら学校でも携帯のSIMカードを作ってもらえるそうです!

1GBしかないので容量を過ぎるとまたお金をチャージしなければいけませんがWi-Fiがあるところでは容量の心配はないですし、韓国国内で電話を使うことが出来るのはいい利点だと思います。

私は電話する必要もなく予めポケットWi-Fiを持参していたので作りませんでした。。

【生活について】

まず、寮の部屋は2人部屋で事前に決められていました。 部屋の交換は互いの同意があれば可能です。

オンドルやWi-Fiがあるので不便なことは特にありません。

わからないことがあれば、バディーや国際交流チームの担当者に聞けば解決できました。

トイレとシャワーが同じところにありますが100均で仕切りを買えば水の飛び散りを防ぐことが出来ます。

生活のほとんどは明洞にあるダイソーや寮近くのマートで購入できました。

生活品を日本から持ってくるものは重く邪魔になるので来てから購入するのがいいと思います。

寮から明洞まではほぼ1本道で歩いていくことが出来ますし忠武路駅や東大門入口駅も近いです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.