龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2014年7月号 国際文化学部 A.H

レポート作成国際文化学部 A.H

日本から持ってきてよかったもの

私が日本から持ってきてよかったものは薬と日本のお菓子や味噌汁、カップラーメンなどの食べ物です。私はよく体調を崩してしまうので日本で飲んでいた薬を持っていれば安心します。韓国に来る前にかかりつけのお医者さんに留学のために薬などをもらって万全に準備しました。韓国にも薬局はたくさんありますが、副作用が強い、日本人に合わないなど聞いたので日本から持っていったほうがいいと思います。日本の食べ物は、たまに唐突に日本食を食べたくなる時があるのでとても大切です。それから、私は持ってこなかったのですが、友人が延長コードを持ってきていたのを見て、持ってくれば良かったと思いました。私は韓国で買ったのですが、プラフ部分が韓国の形なのでコンセントに差す時必ず変換プラグが必要です。変換プラグの数が足りなければ差し替えをしなければいけません。しかし、日本のものなら元のコンセントだけ変換プラグを使えばいいので便利です。ですので日本から延長コードを持ってくることをお勧めします。写真は韓国のものです。

 

自由テーマ

私は週に一回水曜日に老人センターでお年寄りの方に日本語を教えるボランティアをしています。お年寄りの方たちは日本語がペラペラの人から字は読めるけど話すのはまだ難しい方までいます。いつも日本の童謡を紹介して一緒に歌ったりしながらおしゃべりをしています。始める前は日本語を教えることはそんなに難しくないと思っていましたが、実際にしてみるととても難しいです。質問されたことに答えられないこともあり、ふだん何も考えずに日本語を話しているので文法的に考えたり、ニュアンスの違いなど、考えてみたらわからないことが多いです。このボランティアを通じて言語を教える難しさ、自分がいかに日本語について知らないかを感じました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.