龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2013年9月号 国際文化学部 Y.S

レポート作成国際文化学部 Y.S

余暇の過ごし方

最近の土日の過ごし方について紹介します。土日には友達と遊んだり、カフェ巡り、サークル活動、勉強などをして過ごしています。カフェ巡りをする時には、もちろん友達と行くときもありますが、一人で勉強をしに行くこともあります。勉強を目的にカフェに行く時は、ブックカフェをよく利用しています。普通のカフェでも勉強しやすいところもありますが、友達とおしゃべりを目的に来ている人が多いので静かに勉強したい時はブックカフェを探して勉強しています。

そして、友達と遊ぶときはご飯を食べに行ったり、様々なイベントに参加したりします。以前韓国人の友達に誘われてトルチャンチというイベントに参加しました。韓国では赤ちゃんの1歳の誕生日になった時にトルチャンチというパーティーを開きます。パーティーに行く前には普通のお誕生日パーティーのようなものだと思っていたのですが、実際に行ってみるとホールのような場所を貸し切り、お客さんも何十人もいて驚きました。

また、その他には仁川空港川で開かれた音楽番組観覧や野球観戦などをして過ごしていました。留学した国の文化を知るためにも積極的に様々なイベントごとに参加することが大切だと思います。

 

現地の病院について

今回は韓国の病院について紹介します。まず龍谷大学の学生は留学する際、必ず大学が指定した保険に加入します。この保険に加入していると保険会社が指定している病院は基本的に無料で受ける事ができます。

病院に行く際に注意しておいた方が良い事がいくつかあるので紹介します。

1つ目に病院に行く前には、まず保険会社に連絡してから行くことです。直接病院に行っても診察してもらえますが、まれに受診内容によって保険が適用されない場合もあるようなので、一度連絡し確認してから行く事をオススメします。

そして2つ目は、自分が体調を崩した時にどの病院に行くか、またその病院の位置も確認しておくことです。体調が悪くなってからは、どの病院に行こうか調べるのも一苦労なのであらかじめ調べておいた方がいいと思います。

そして3つ目に薬の処方についてですが、できるだけ薬は病院で貰うことです。薬局から薬を貰うことはもちろんできるのですが、一度自分で支払わなければいけません。お金は後で必要書類を提出すれば返ってくるそうですが、手間がかかるので可能な限り病院から薬を出してもらう方がいいと思います。病院から薬を出してもらえる時は書類を後で申請する必要なく薬を貰えたので、なるべく病院から直接貰うのがいいでしょう。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.