龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2013年7月号 経営学部 M.K

レポート作成経営学部 M.K

日本から持ってきてよかったと思うもの

韓国に来るときには荷物は最低限にしたので、必要なものは韓国で揃えようと思っていました。特に持ってきたらよかったと思うものは、あまりないように思います。あえて言うならば2つあります。まずは、薬です。頭痛、腹痛、胃もたれ、風邪薬など自分の体に合った、日本で使用していた薬を一通り持って行った方がいいと思います。それにプラスこの時期、蚊に刺されるのでムヒがあるととても活躍すると思いました。薬以外には、ドレッシングです。私は一人暮らしをしているので、料理をすることがあります。サラダが食べたくなった時、スーパーに行くとドレッシングは売っているのですが、すべて果物のドレッシングで甘いので、私はあまり好きではありません。なので、日本から送ってもらった、青じそドレッシングやごまだれドレッシングが大活躍しています。あとは、味噌汁のもとなどの即席のものは簡単でおいしいので重宝しています。そのほかには特に韓国でほとんど揃うので、韓国で生活していく中で自分が必要だと思うものを優先立てて持ってくるようにしたらいいと思います。

 

自由テーマ

7月28日に韓国で開催された、サッカーの東アジア大会がありました。日本、韓国、中国、オーストラリアが総当たりで戦い、東アジアの優勝チームを決めようというものです。韓国人の友達に「日韓戦があるが、一緒に行かないか」と誘われたのがきっかけです。私は正直、最初悩みました。日韓戦というと昔から両国もライバル視しており、日韓戦は特別な雰囲気があるといいます。しかし、もともと私はサッカーが好きだし、日本代表を韓国で見られることも、日韓戦の会場の雰囲気を味わえることもそして韓国人の友達と一緒に観戦できることもめったにないと思い、おもいきっていくことに決めました。結局、韓国の友達6人と日本人3人で観戦しました。会場につくと日本のユニホームを着ている人が意外に多くてびっくりしました。会場に入ると、ニュースになったような横断幕や国旗がありました。全く気にしなかったといえば嘘になりますが、それでも一瞬、お互いビックリした程度でした。でも特に気まずくなることもなく、楽しく両国を応援していました。結果は2-1で日本が勝利しこの大会優勝しましたが、最後はみんなで笑いながら握手しながら「楽しかったね」などといいながら会場を後にしました。私は今回を通して、政治的や歴史的な問題で日韓の間にいろいろありますが、人と人との関係に政治などは関係ないと改めて感じました。そう感じさせてくれた友達に感謝し、これからも良い関係を築いていきたいと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.