龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2013年6月号 国際文化学部 S.S

レポート作成国際文化学部 S.S

治安、危険を感じたこと、トラブルについて

こちらに来てまだ大きなトラブルは無いのですが、韓国は何より車の運転が荒いと思います。人が歩いていても普通に突っ込んできますし、日本と違い歩行者よりも車優先のような気がします。また、大通りではないところには横断歩道が少ないです。韓国人の人たちは自分達でタイミングをはかって渡っていますが、見ていると本当に危ない気がします。私もこちらに来て町を歩くときは日本以上に常に気を付けています。また、タクシーに乗った時も一度怖い思いをしたことがあります。たまたま良くない運転手に当たってしまったのか一般道路で軽く80㎞を超えて走る上に、運転もすごく荒いタクシーに乗ってしまい本当に身の危険を感じました。スピードを下げてくれと言っても無視され、さらにシートベルトも壊れていました。その出来事があってからタクシーは乗らないようにしています。タクシーは便利ですが、ぼったくりなどの危険もあるので出来るだけ違う交通手段を使うことをおすすめします。他には危険というわけではないですが、宗教勧誘も日本よりも多いので知っておいた方が良いです。暗い道やひとけのない道を一人で歩かない、道路を車に気を付けて歩くなど最低限を守ればソウルはそこまで危なくないと思います。

 

自由テーマ

春学期語学堂の修了式を6月5日に終えて、夏学期が始まるまで3週間ほど休みがあったので1週間ほど日本に一時帰国しました。空港へはリムジンバスと空港鉄道の2つ手段があり、私はソウル駅から空港鉄道に乗って仁川空港まで行きました。空港鉄道は4000w程で、飛行機は格安航空券を取って往復で2万円でした。今回の一時帰国は韓国に来るときに持ってこられなかった参考書や必要な物を取りに帰る為と久しぶりに家族や友達に会う目的で帰りました。久しぶりに帰ると日本語に違和感があったり、こっちでは当たり前だったことが韓国と比較すると不思議に感じられたりと面白い体験が出来たと思います。韓国では時間が物凄いスピードで過ぎていくように感じられますが、慣れた日本にいると気が抜けてしまってか一日がゆっくり流れているように感じました。食べたかった日本食も食べ、家族や友達と沢山話もして、久しぶりに心からリラックスすることができたと思います。また、韓国語を忘れてしまうかと心配しましたが逆に気分転換になり、韓国でまた頑張ろうといった気持ちになれてよかったです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.