龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2013年3月号 経営学部 M.K

レポート作成経営学部 M.K

オリエンテーションについて

オリエンテーションは2月28日の午後に行われました。オリエンテーションの前に紹介されていたトウミ(バディー)と連絡を取り朝に会うことになりました。本当はその日に外国人登録証の提出をしに行こうとしたのですが、在学証明書の発行がまだだったので行けませんでした。それから、大学の中にある新韓銀行で奨学金をもらうためやカード支払いの時のための口座を作り、学校の近くのケータイショップでトウミから名義を借り、携帯を作りました。トウミの子もオリエンテーションに一緒に参加してくれました。オリエンテーションは全て英語で行われましたが、画像や動画などもあったため基本的なことは理解することはできました。学校内の説明や授業のこと、一年間のスケジュール、外国人登録証、国際チームの話といったものでした。留学生はヨーロッパ圏や、アメリカなどさまざまな国の人がいました。その中には語学堂は通わず大学の授業だけを受ける人もいるようでした。そのあと一人ひとり簡単な自己紹介をして終わりました。笑いもあったりと楽しいオリエンテーションでした。

語学堂始まるまでの過ごし方(自由テーマ)

語学堂が始まるのが3月27日だったので、かなり時間がありました。その間は語学堂のクラス分けテストを受けたり、大学内はとても広いので歩いてみたり、大学に何か所かある食堂に行ってみたり、日本から来た友達と遊んだり、韓国人の友達と映画を見たり、観光地に行ったりしました。そして、韓国人の友達をたくさん作るために、トウミの子に友達を紹介してもらい食事をしたり、日本に少しでも興味を持ってくれているであろう日本語学科の飲み会に参加しました。やはり、みんな日本語で話しかけてくれて、とても気さくで楽しかったです。また、サークルのイベントに参加して動物園に行ったりと時間を無駄にしないよう積極的に行動することを心掛けていました。サークルは、3月末頃にテントを張ってサークル勧誘をしていて、そこで気になるサークルの説明を受けることもできました。

初めは留学に来て不安という気持ちから日本人同士でかたまってしまいがちになりますが、10ヶ月間という限られた時間の中で、自分でなるべく意識して韓国語を使う環境にもっていき、充実した留学生活を送れるように努力していこうと思っています。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.