龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2013年10月号 国際文化学部 S.S

レポート作成国際文化学部 S.S

現地の学生、友人について

韓国の学生はよく遊びよく勉強するといった印象が強いです。私の友達を見ても、いつも何らかの予定や約束があり活発に行動している人が多いです。遊ぶ時は夜通し遊ぶ人も少なくはなく、日本の学生と比べてお酒を飲む頻度も多いように思います。なので大学の周辺には多くの居酒屋があり、夜には学生達で溢れかえっています。そして勉強する時は、驚くほど勉強をします。特に試験期間は図書館や学校内のカフェは朝から夜遅くまで満席です。また大学以外にも英語の塾に通ったり、休学して就職に必要な資格の勉強をしている学生も多いです。韓国は学歴社会、就職困難といった現状が背景にある為、どの学生も必死に勉強をしているのだと思います。その為、英語を初めとした外国語が堪能な学生も非常に多く、私も多くの刺激を受けています。留学に来る前から韓国の学生は勤勉だと聞いていましたが、実際にここまで勤勉だとは思いませんでした。

留学に来たばかりの頃は韓国人の友人が多くありませんでしたが、サークルや交流会、友人を通して紹介してもらったりしながら友達を増やしました。韓国の友人は仲良くなると本当に優しく、親身になって話を聞いてくれたりもします。日本人と比べ仲良くなるのも早いと思います。また、比較的思っていることを正直に言うので初めは戸惑うこともありましたが、今はその韓国人の情が心地よいです。国籍や言語関係なしにこうして友達になれるということは本当に嬉しいことであり、留学生活を通して得た大切な存在だと思います。いつも支えてくれる友人達のおかげで充実した毎日を送っているので本当に感謝しています。

 

自由テーマ

韓国は秋にお祭りが多く、私も様々なお祭りに出掛けてみたのでその事について書きたいと思います。一つ目は花火大会です。秋に花火大会というのは少し不思議な感じもしましたが、涼しい中で見る花火も違う雰囲気で良かったです。日本に比べて花火大会が少ないせいか物凄い多くの人がその花火大会に訪れていました。韓国の花火だけでなく様々な国の代表チームが花火を披露するというもので、その中に日本チームもありました。日本チームの花火が一番歓声も大きく、友人や周りの人々も日本の花火が一番良かったと言っていて、それを聞いたとき誇らしかったです。二つ目は하늘공원(空の公園)という所で行われたススキ祭りです。この公園は山の頂上にある公園で一面ススキが広がっています。お祭りの時は夜にススキがライトアップされ静かなBGMも流されるなど素敵なお祭りでした。そこではお弁当を食べたり写真を撮りながら楽しみました。他にも、梨泰院という外国人が多く在住している地域でのグローバルフェスティバルや、清渓川という人口川で行われたライトアップのお祭りなどにも出掛けてみました。こうやっていろんな行事に出かけてみると新たな発見や違う楽しさもあります。これからも積極的に参加しようと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.