龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2012年6月号 国際文化学部 M.K

レポート作成国際文化学部 K.M

 試験について

 

前期は学部の授業を取っていないので語学堂の試験について書きます。語学堂の試験は中間考査と期末考査があります。4週間ちょっと授業を受けて中間考査、また4週間ちょっと授業を受けたら期末考査です。쓰기・듣기・읽기・말하기の4種類を2日間かけて行います。쓰기は授業で習った単語や文法が中心の問題です。中間考査では最後に長文を書く問題もありました。듣기は会話や短い文章を聞いて答えます。ほとんどが4択問題でした。少し長めの文章を聞いて解く問題もあります。읽기は長文を読んで答える読解の問題です。授業中に練習した文章が出たりするので授業中にしっかりやっておいたり復習しておいたりして内容を覚えていると問題が解きやすいと思います。말하기は先生と1対1で行います。習った文法を使って質問に答えたり、いくつかの絵を見てそれを説明したりしました。それから授業中に変化する発音についても習います。その発音確認のために変化する発音がいくつか書いてある文章を読んだりもします。1対1だけどいつも一緒に勉強している先生とだから緊張しないし、私はテストだけど楽しかったです。語学堂と学部のテストは期間が違います。学部の授業をとっている学生は語学堂が通常の授業の時期に中間考査があったり、語学堂の授業が休みの間にも授業が継続してあったり、学部の授業も期末考査も全部終わっても語学堂の授業があったり…時期が違うので大変だと思います。でも学部の授業がある方がより留学生活を充実させられると思います。

 

余暇の過ごし方

私の余暇の過ごし方はどこかに出掛けたりするか、カフェに行って勉強をすることです。出掛ける時は観光よりショッピングに行くことが多いです。日本から韓国に来る時、たくさん服を持って来てなかったし特に夏服は少なかったので韓国に来てから結構服を買っていると思います。でも韓国の服は安いし、たくさん買ってもお金はそんなに使わなくていいです。鞄や靴もすごく安いです。それから授業が終わって昼から友達と一緒にカフェに行くことも多いです。授業中分からなかったことや宿題をしていて分からないところを教え合ったりします。学校の図書館だと話し合ったりすることができないのでカフェに行く方が多いです。そのほかには家で勉強することもあります。今韓国で放送されているドラマを見ることもあります。ちょうど前回見ていたドラマと今回見ているドラマの中では昔の韓国語が使われています。普通のドラマでも聞き取って完璧に理解出来ないのに昔の言葉だからより理解が難しいです。でもそのおかげでちょっと現代の韓国語に直すとこんな感じというのが分かる言葉もあります。日常で聞く言葉とはやっぱり違うのが分かるし、普段聞ける韓国語ではないので興味がわきました。変に耳に残る言葉があったり、意味が気になって調べてみたりもしました。何かの役に立つことではないけれど興味を持ってそれについて調べてみるっていう行動を起こすことは大事かなとおもいます。もともと歴史の勉強は苦手だけどこういったドラマのおかげでもっと韓国の歴史を知りたくなりました。せっかく韓国にいるのだから韓国について言語の勉強だけでなくいろんなところに目を向けたいです。

語学堂文化体験について 

語学堂3級4級の生徒で餅ケーキ作りを体験しに行きました。場所は学校からバスで30分くらいのところにありました。調理前に韓国の餅について少し紹介があってそのあと餅ケーキを作り始めました。かぼちゃ味とブルーベリー味を作りました。作り方はすご

く簡単で、餅ケーキの素の粉のダマを無くしてから砂糖と混ぜて蒸すだけでした。蒸す前に餅の表面に花の形を押して付けてから蒸しました。最後にナツメとかぼちゃの種で飾り付けて完成。餅の粉は手で混ぜました。韓国では手で直接作る、手作りの味、母の味のことを「손맛(ソンマッ)」というらしいです。そのあとみんなで食べました。かぼちゃやブルーベリーの味はそんなに濃くなくてすごく弾力があっておいしかったです。同じ4級の人たちと一緒に体験出来たし、4級になってから会わなくなった3級の時の友達とも話せたりして嬉しかったです。帰りのバスではモンゴルの学生がボイスパーカッションしてくれたり中国の学生が中国の歌を歌ってくれたりして面白かったです。その日は学校に帰ってから中国人の学生何人かと日本人2人で遊びに出掛けました。その中国人学生の中には今同じクラスの人もいたので仲良くなれて良かったです。留学に来ていろんな国の人と関わってもともと持っていたイメージと全然違うことがあることに気付けました。日本の外に出てみて初めて気付くことがあってそれを経験できるので留学してきて良かったと思うことが最近増えてきています。

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.